Menu Close

14.2. DVR の概要

分散仮想ルーティング (DVR) では、別のルーティング設計も提供されており、Red Hat OpenStack Platform 11 以降のバージョンで完全にサポートされています。これは、コントローラーノードの障害のあるドメインを分離して、L3 エージェントをデプロイしてネットワークトラフィックを最適化し、全コンピュートノードにルーターをスケジューリングすることが目的です。DVR の使用時には以下が可能です。

  • East-West トラフィックは分散されて、コンピュートノード上で直接ルーティングされます。
  • Floating IP を持つインスタンスの North-South トラフィックは、分散されて、コンピュートノードにルーティングされます。これには、外部ネットワークを全コンピュートノードに接続する必要があります。
  • Floating IP を持たないインスタンスの North-South トラフィックは分散されず、依然として専用のコントローラーノードが必要です。

    • ノードコントローラーノード上の L3 エージェントを新しい dvr_snat モードで設定して、ノードが SNAT トラフィックのみにサービスを提供するようにします。
  • neutron のメタデータエージェントは分散され、全コンピュートノード上にデプロイされます。このメタデータのプロキシーサービスは分散された全ルーター上でホストされます。