第20章 allowed-address-pairs の設定

Allowed-address-pairs では、サブネットに関わらず、ポートを通過する mac_address/ip_address (CIDR) ペアを指定することができます。これにより、2 つのインスタンス間をフロートして、データプレーンによるフェイルオーバーを加速化することが可能な、VRRP などのプロトコルを使用することができます。

注記

allowed-address-pairs 拡張は、現在 ML2 および Open vSwitch のプラグインのみでサポートされています。

allowed-address-pairs の基本操作

ポートを作成して、1 つのアドレスペアを許可します。

# neutron port-create net1 --allowed-address-pairs type=dict list=true mac_address=<mac_address>,ip_address=<ip_cidr>

allowed-address-pairs の追加

# neutron port-update <port-uuid> --allowed-address-pairs type=dict list=true mac_address=<mac_address>,ip_address=<ip_cidr>

注記

OpenStack Networking では、ポートの mac_addressip_address が一致する allowed-address-pair の設定ができません。その理由は、mac_addressip_address が一致するトラフィックはすでにポートを通過できるので、このような設定をしても効果がないためです。