第1章 ネットワークの概要

1.1. ネットワークの仕組み

ネットワーク という用語は、コンピューター間で情報を移動させる動作のことを指します。最も基本的なレベルでは、ネットワークインターフェースカード (NIC) がインストールされた 2 つのマシンをケーブルでつなぐことで達成されます。

注記

OSI ネットワークモデルでは、これはレイヤー 1 に相当します。

3 台以上のコンピューターを使用する場合には、スイッチというデバイスを追加してこの構成をスケールアウトする必要があります。スイッチとは、追加のマシンを結線するための複数のイーサネットポートがついた専用デバイスです。スイッチを追加してマシンを結線すると、ローカルエリアネットワーク (LAN) と呼ばれるネットワークが完成します。

スイッチについての内容は、OSI モデルのレイヤー 2 が対象で、下層のレイヤー 1 よりもインテリジェントな機能が適用されます。各 NIC には、ハードウェアごとに一意に割り当てられる MAC アドレス番号があり、この番号を使用することにより、複数のマシンを同じスイッチに結線して、相互に認識できるようになります。スイッチは、どの MAC アドレスがどのポートにプラグインされるかのリストが管理するので、コンピューター間でデータ送信を試みると、スイッチはそれらの両方のコンピューターがどこに配置されているかを認識し、MAC アドレスからポートへのマッピングを記録する CAM (Content Addressable Memory) のエントリーを調整します。

1.1.1. VLAN

VLAN により、同じスイッチ上で実行されるコンピューターのネットワークトラフィックを分割することができます。言い換えると、別のネットワークのメンバーであるポートを設定することで、スイッチを論理的に分割することができます。つまり、セキュリティー上の理由別にトラフィックを分割できる小規模な LAN ということになります。たとえば、このポートがスイッチに合計で 24 個ある場合に、ポート 1 - 6 は VLAN200に所属し、ポート 7 - 18 は VLAN201 に所属するなどと分けることができます。ここで、VLAN200 に接続されているコンピューターは、VLAN201 のコンピューターと完全に分割でき、直接通信できなくなります。任意で、2 つの別個の物理スイッチであるかのように、トラフィックをルーター経由で転送させるようにすることも可能です (このように考えると便利です)。このような場合には、VLAN 同士での通信の制御にファイアウォールも便利になります。

1.2. 2 つの LAN の接続

2 つの別個のスイッチ上で稼働する LAN が 1 つずつあり、このスイッチ間で情報を共有させる場合には、設定オプションが 2 種類あります。

  • 1 番目のオプション: 802.1Q VLAN タグを使用して、両方の物理スイッチにまたがる単一の VLAN を設定します。この接続を機能させるには、ネットワークケーブルを 1 本用意して、各スイッチのポートに差し込んでから、それらのポートを 802.1Q タグが付いたポートとして設定します (このようなポートは トランク ポートとも呼ばれます)。基本的には、これで 2 つのスイッチが 1 つの大きな論理スイッチとして設定され、接続されているコンピューター同士が相互に検出できるようになります。このオプションの難点はスケーラビリティーで、オーバーヘッドの問題が発生することなくデイジーチェーン接続できるスイッチの数は限られています。
  • 2 番目のオプション: ルーターと呼ばれるデバイスを購入して、各スイッチからケーブルを接続します。これにより、ルーターは両スイッチで設定したネットワークを認識するようになります。スイッチに差し込んだケーブルの両端には、ネットワークのデフォルトゲートウェイとして知られる IP アドレスが割り当てられます。デフォルトゲートウェイの「デフォルト」とは、宛先のマシンが同じ LAN 上にないことが明らかな場合のトラフィックの送信先のことです。各コンピューターにデフォルトゲートウェイを設定することで、トラフィック送信のために、他のネットワーク上にある全コンピューターを認識する必要がなくなります。これで、デフォルトゲートウェイのみにトラフィックが送信されるようになり、そこからの処理はルーターが行うようにします。ルーターは、どのネットワークがどのインターフェースに存在するかを把握しているため、指定の宛先に、問題なくパケットを送信することができます。ルーティングは、IP アドレスやサブネットなどの一般的に知られている概念と同様に、OSI モデルのレイヤー 3 で機能します。
注記

この概念は、インターネット自体の仕組みと同じです。さまざまな組織で稼働する多数の個別ネットワークはすべて、スイッチやルーターを使用して相互に接続しています。適切なデフォルトゲートウェイを辿ることで、最終的にトラフィックは適切な宛先に到着します。

1.2.1. ファイアウォール

ファイアウォールは、レイヤー 7 (実際のコンテンツを検査するレイヤー) を含む複数の OSI レイヤーにわたってトラフィックをフィルターすることができます。多くの場合、ファイアウォールはルーターと同じネットワークセグメントに存在し、全ネットワーク間で移動するトラフィックを制御します。そのためには、ファイアウォールが、ネットワークに出入りできるトラフィックを決定する事前定義済みのルールに基づいて制御を行います。これらのルールは粒度を高くすることが可能です。以下に例を示します。

VLAN200 のサーバーは、Web (HTTP) トラフィックを一方向のみに転送している場合に、木曜の午後のみ、VLAN201 のコンピューターにだけ通信できるものとする」といった設定が可能です。

このようなルールを強化するために、一部のファイアウォールは、レイヤー 5 から 7 でディープパケットインスペクション (DPI) も実行し、パケットのコンテンツを検証して、パケットの実際の内容がパケットが主張する内容と同じであることを確認します。ハッカーは、トラフィックを実際の内容とは別のものとして転送して、密かにデータを抜き出すことが知られているため、DPI はこのような脅威を軽減する手段の 1 つとなっています。

1.3. OpenStack Networking (neutron)

OpenStack では、これと同じネットワーク概念が適用されており、ソフトウェア定義ネットワーク (SDN) として知られています。OpenStack Networking (neutron) のコンポーネントは、仮想ネットワーク機能向けの API を提供します。これには、スイッチ、ルーター、ファイアウォールが含まれます。仮想ネットワークインフラストラクチャーにより、インスタンスは相互に通信することができます。また、物理ネットワークを使用した外部との通信を許可することも可能です。Open vSwitch のブリッジは、仮想ポートをインスタンスに割り当て、送受信トラフィックを物理ネットワークに橋渡しします。

1.4. CIDR 形式の使用

一般的には、IP アドレスはサブネットのブロックにまず割り当てられます。たとえば、IP アドレスの範囲が 192.168.100.0 - 192.168.100.255 で、サブネットマスクが 255.555.255.0 の場合には、IP アドレス 254 個分を割り当てることができます (最初と最後のアドレスは予約されています)。

これらのサブネットは、複数の方法で表現することができます。

  • 一般的な使用法: サブネットアドレスは一般的に、サブネットマスクとネットワークアドレスを使用して表示されます。例を以下に示します。

    • ネットワークアドレス: 192.168.100.0
    • サブネットマスク: 255.255.255.0
  • CIDR 形式の使用: この形式は、サブネットマスクをアクティブな合計ビット数に短縮します。たとえば、192.168.100.0/24 では、/24255.255.255.0 の略式表現で、バイナリーに変換した際に反転したビット合計数のことを指します。たとえば、CIDR 形式は NETMASK の値ではなく ifcfg-xxx スクリプトで使用することができます。
#NETMASK=255.255.255.0
PREFIX=24