Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第15章 ベアメタルノードの自動検出

auto-discovery を使用すると、最初に instackenv.json ファイルを作成せずに、アンダークラウドノードを登録してそのメタデータを生成することができます。この改善により、最初のノード情報取得に費す時間を短縮できます。たとえば、IPMI IP アドレスを照合し、その後に instackenv.json ファイルを作成する必要がなくなります。

15.1. 要件

  • すべてのオーバークラウドノードの BMC が、IPMI を通じて director にアクセスできるように設定されていること
  • すべてのオーバークラウドノードが、アンダークラウドのコントロールプレーンネットワークに接続された NIC から PXE ブートするように設定されていること

15.2. 自動検出の有効化

  1. undercloud.conf でベアメタルの自動検出を有効にします。

    enable_node_discovery = True
    discovery_default_driver = ipmi
    • enable_node_discovery: 有効にすると、PXE を使ってイントロスペクション ramdisk をブートするすべてのノードが Ironic に登録されます。
    • discovery_default_driver: 検出されたノードに使用するドライバーを設定します。例: ipmi
  2. IPMI の認証情報を Ironic に追加します。

    1. IPMI の認証情報を ipmi-credentials.json という名前のファイルに追加します。以下の例で使用しているユーザー名とパスワードの値は、お使いの環境に応じて置き換える必要があります。

      [
          {
              "description": "Set default IPMI credentials",
              "conditions": [
                  {"op": "eq", "field": "data://auto_discovered", "value": true}
              ],
              "actions": [
                  {"action": "set-attribute", "path": "driver_info/ipmi_username",
                   "value": "SampleUsername"},
                  {"action": "set-attribute", "path": "driver_info/ipmi_password",
                   "value": "RedactedSecurePassword"},
                  {"action": "set-attribute", "path": "driver_info/ipmi_address",
                   "value": "{data[inventory][bmc_address]}"}
              ]
          }
      ]
  3. IPMI の認証情報ファイルを Ironic にインポートします。

    $ openstack baremetal introspection rule import ipmi-credentials.json

15.3. 自動検出のテスト

  1. 必要なノードの電源をオンにします。
  2. openstack baremetal node list を実行します。新しいノードが enroll の状態でリストに表示されるはずです。

    $ openstack baremetal node list
    +--------------------------------------+------+---------------+-------------+--------------------+-------------+
    | UUID                                 | Name | Instance UUID | Power State | Provisioning State | Maintenance |
    +--------------------------------------+------+---------------+-------------+--------------------+-------------+
    | c6e63aec-e5ba-4d63-8d37-bd57628258e8 | None | None          | power off   | enroll             | False       |
    | 0362b7b2-5b9c-4113-92e1-0b34a2535d9b | None | None          | power off   | enroll             | False       |
    +--------------------------------------+------+---------------+-------------+--------------------+-------------+
  3. 各ノードにリソースクラスを設定します。

    $ for NODE in `openstack baremetal node list -c UUID -f value` ; do openstack baremetal node set $NODE --resource-class baremetal ; done
  4. 各ノードにカーネルと ramdisk を設定します。

    $ for NODE in `openstack baremetal node list -c UUID -f value` ; do openstack baremetal node manage $NODE ; done
    $ openstack overcloud node configure --all-manageable
  5. 全ノードを利用可能な状態に設定します。

    $ for NODE in `openstack baremetal node list -c UUID -f value` ; do openstack baremetal node provide $NODE ; done

15.4. ルールを使用して異なるベンダーのハードウェアを検出する方法

異種のハードウェアが混在する環境では、イントロスペクションルールを使って、認証情報の割り当てやリモート管理を行うことができます。たとえば、DRAC を使用する Dell ノードを処理するには、別の検出ルールが必要になる場合があります。

  1. 以下の内容で、dell-drac-rules.json という名前のファイルを作成します。この例で使用しているユーザー名およびパスワードの値は、お使いの環境に応じて置き換える必要があります。

    [
        {
            "description": "Set default IPMI credentials",
            "conditions": [
                {"op": "eq", "field": "data://auto_discovered", "value": true},
                {"op": "ne", "field": "data://inventory.system_vendor.manufacturer",
                 "value": "Dell Inc."}
            ],
            "actions": [
                {"action": "set-attribute", "path": "driver_info/ipmi_username",
                 "value": "SampleUsername"},
                {"action": "set-attribute", "path": "driver_info/ipmi_password",
                 "value": "RedactedSecurePassword"},
                {"action": "set-attribute", "path": "driver_info/ipmi_address",
                 "value": "{data[inventory][bmc_address]}"}
            ]
        },
        {
            "description": "Set the vendor driver for Dell hardware",
            "conditions": [
                {"op": "eq", "field": "data://auto_discovered", "value": true},
                {"op": "eq", "field": "data://inventory.system_vendor.manufacturer",
                 "value": "Dell Inc."}
            ],
            "actions": [
                {"action": "set-attribute", "path": "driver", "value": "idrac"},
                {"action": "set-attribute", "path": "driver_info/drac_username",
                 "value": "SampleUsername"},
                {"action": "set-attribute", "path": "driver_info/drac_password",
                 "value": "RedactedSecurePassword"},
                {"action": "set-attribute", "path": "driver_info/drac_address",
                 "value": "{data[inventory][bmc_address]}"}
            ]
        }
    ]
  2. ルールを Ironic にインポートします。

    $ openstack baremetal introspection rule import dell-drac-rules.json