Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第6章 ドメインの管理

Identity サービス (keystone) ドメインは、keystone で作成可能な追加の名前空間です。keystone ドメインは、ユーザー、グループ、プロジェクトの分割に使用できます。そのように分離されたドメインは、異なる LDAP または Active Directory 環境でユーザーを認証するために設定することも可能です。詳しい情報は、『Identity サービスとの統合』を参照してください。

注記

Identity サービスには、Default という名前のドメインが組み込まれています。このドメインは、サービスアカウント専用に確保し、ユーザーアカウント用には別のドメインを作成することを推奨します。

6.1. ドメイン一覧の表示

openstack domain list でドメインの一覧を表示することができます。以下に例を示します。

$ openstack domain list
+----------------------------------+------------------+---------+--------------------+
| ID                               | Name             | Enabled | Description        |
+----------------------------------+------------------+---------+--------------------+
| 3abefa6f32c14db9a9703bf5ce6863e1 | TestDomain       | True    |                    |
| 69436408fdcb44ab9e111691f8e9216d | corp             | True    |                    |
| a4f61a8feb8d4253b260054c6aa41adb | federated_domain | True    |                    |
| default                          | Default          | True    | The default domain |
+----------------------------------+------------------+---------+--------------------+
注記

このコマンドが利用できない場合には、コマンドラインセッションで keystone v3 が有効化されているかどうかを確認してください。

6.2. 新規ドメインの作成

openstack domain create を使用して新規ドメインを作成することができます。以下に例を示します。

$ openstack domain create TestDomain
+-------------+----------------------------------+
| Field       | Value                            |
+-------------+----------------------------------+
| description |                                  |
| enabled     | True                             |
| id          | 3abefa6f32c14db9a9703bf5ce6863e1 |
| name        | TestDomain                       |
+-------------+----------------------------------+

6.3. ドメインの詳細情報の表示

openstack domain show でドメインの詳細情報を表示することができます。以下に例を示します。

$ openstack domain show TestDomain
+-------------+----------------------------------+
| Field       | Value                            |
+-------------+----------------------------------+
| description |                                  |
| enabled     | True                             |
| id          | 3abefa6f32c14db9a9703bf5ce6863e1 |
| name        | TestDomain                       |
+-------------+----------------------------------+

6.4. ドメインの無効化

  1. --disable でドメインを無効にすることができます。以下に例を示します。

    $ openstack domain set TestDomain --disable
  2. ドメインが無効化されたことを確認します。

    $ openstack domain show TestDomain
    +-------------+----------------------------------+
    | Field       | Value                            |
    +-------------+----------------------------------+
    | description |                                  |
    | enabled     | False                            |
    | id          | 3abefa6f32c14db9a9703bf5ce6863e1 |
    | name        | TestDomain                       |
    +-------------+----------------------------------+
  3. 必要な場合には、ドメインを再度有効化することができます。

    $ openstack domain set TestDomain --enable