Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第3章 アンダークラウドのアップグレード

以下の手順では、アンダークラウドと、そのオーバークラウドのイメージを Red Hat OpenStack Platform 13 にアップグレードします。

3.1. アンダークラウドを OpenStack Platform 13 にアップグレードする手順

この手順では、アンダークラウドのツールセットとコア Heat テンプレートコレクションを OpenStack Platform 13 リリースにアップグレードします。

手順

  1. director に stack ユーザーとしてログインします。
  2. 現在設定されている OpenStack Platform リポジトリーを無効にします。

    $ sudo subscription-manager repos --disable=rhel-7-server-openstack-12-rpms
  3. RHEL のバージョンを RHEL 7.9 に設定します。

    $ sudo subscription-manager release --set=7.9
  4. 新しい OpenStack Platform リポジトリーを有効にします。

    $ sudo subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-openstack-13-rpms
  5. オーバークラウドのベースイメージへの更新を再度有効にします。

    $ sudo yum-config-manager --setopt=exclude= --save
  6. yum コマンドを実行して、director の主要なパッケージをアップグレードします。

    $ sudo yum update -y python-tripleoclient
  7. 以下のコマンドを実行してアンダークラウドをアップグレードします。

    $ openstack undercloud upgrade
  8. アンダークラウドのアップグレードプロセスが完了するまで待ちます。
  9. アンダークラウドをリブートして、オペレーティングシステムのカーネルとその他のシステムパッケージを更新します。

    $ sudo reboot
  10. ノードがブートするまで待ちます。

アンダークラウドが OpenStack Platform 13 リリースにアップグレードされました。