Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第6章 オーバークラウドのアップグレード

以下の手順では、オーバークラウドをアップグレードします。

前提条件

  • アンダークラウドが最新バージョンにアップグレードされていること
  • アップグレードでの変更に対応するためのカスタム環境ファイルの準備が完了していること

6.1. overcloud upgrade prepare の実行

アップグレードには、openstack overcloud upgrade prepare コマンドを実行する必要があります。このコマンドにより、以下のタスクが実行されます。

  • オーバークラウドのプランを OpenStack Platform 13 に更新する
  • アップグレードに向けてノードを準備する

手順

  1. stackrc ファイルを取得します。

    $ source ~/stackrc
  2. upgrade prepare コマンドを実行します。

    $ openstack overcloud upgrade prepare \
        --templates \
        -e /home/stack/templates/overcloud_images.yaml \
        -e <ENVIRONMENT FILE>

    以下のオプションの中で、お使いの環境に適切なオプションを追加します。

    • カスタム設定環境ファイル (-e)
    • 新しいコンテナーイメージの場所が記載された環境ファイル (-e)。アップグレードのコマンドで --container-registry-file の使用に関する警告が表示される場合があることに注意してください。このオプションは非推奨になり、コンテナーイメージの環境ファイルには -e を使用することが推奨されるようになっているので、警告は無視して問題ありません。
    • 該当する場合は、--roles-file でカスタムロール (roles_data) のファイルを指定します。
    • 該当する場合は、--networks-file でコンポーザブルネットワーク (network_data) のファイルを指定します。
  3. upgrade prepare が完了するまで待ちます。