5.2. コントロールプレーンの復元

Fast Forward Upgrade を実施中にエラーが発生した場合には、「コントロールプレーンのバックアップ」に記載の手順により作成した ISO イメージを使用して、コントロールプレーンノードを以前に保存した状態にリストアすることができます。コントロールプレーンをリストアする場合には、状態の整合性を確保するために、すべてのコントロールプレーンノードを以前の状態にリストアする必要があります。

注記

Red Hat は、Open vSwitch (OVS) およびデフォルトの Open Virtual Network (OVN) などのネイティブ SDN を使用する Red Hat OpenStack Platform のバックアップをサポートします。サードパーティーの SDN についての詳細は、サードパーティーの SDN ドキュメントを参照してください。

手順

  1. 各コントロールプレーンノードをシャットダウンします。次のステップに進む前に、コントロールプレーンノードが完全にシャットダウンされていることを確認します。
  2. バックアッププロセス中に作成した ISO イメージを使用してコントロールプレーンノードをブートし、リストアします。ISO イメージは、バックアップノードの /ctl_plane_backups ディレクトリーにあります。
  3. Relax-and-Recover ブートメニュー が表示されたら、Recover <CONTROL_PLANE_NODE> を選択します。<CONTROL_PLANE_NODE> をコントロールプレーンノードの名前に置き換えます。

    以下のメッセージが表示されます。

    Welcome to Relax-and-Recover. Run "rear recover" to restore your system!
    RESCUE <CONTROL_PLANE_NODE>:~ # rear recover

    イメージのリストアがすぐに行われます。リストアが完了すると、コンソールは以下のメッセージを受信します。

    Finished recovering your system
    Exiting rear recover
    Running exit tasks

    コマンドラインインターフェースが利用できる状態になったら、イメージのリストアプロセスは完了です。ノードの電源をオフにします。

    RESCUE <CONTROL_PLANE_NODE>:~ #  poweroff

    ブートシーケンスを通常のブートデバイスに設定します。ノードをブートすると、以前の状態で再開されます。

  4. サービスが正常に実行されていることを確認するには、pacemaker のステータスを確認します。root ユーザーとしてコントローラーにログインし、以下のコマンドを実行します。

    # pcs status
  5. オーバークラウドのステータスを確認するには、Tempest を使用します。Tempest の詳細は、『OpenStack Integration Test Suite Guide』の「Configuring the OpenStack Integration Test Suite」を参照してください。