第3章 Relax and Recover (ReaR) のインストールおよび設定

アンダークラウドおよびオーバークラウドのコントロールプレーンをバックアップするには、まずアンダークラウドおよび各コントロールプレーンノードに ReaR をインストール/設定する必要があります。

3.1. ReaR のインストール

アンダークラウドおよびコントロールプレーンをバックアップする前に、Relax and Recover (ReaR) パッケージおよび ISO イメージを生成するためのパッケージを、アンダークラウドノードおよび各コントロールプレーンノードにインストールする必要があります。

手順

  1. ReaR パッケージおよび ISO イメージを生成するためのパッケージを、アンダークラウドノードおよび各コントロールプレーンノードにインストール

    [root@controller-x ~]# yum install rear genisoimage nfs-utils -y
  2. 今後のアップグレードの問題を回避するには、予定されている ReaR cron タスクを削除します。

    [root@controller-x ~]# rm -f /etc/cron.d/rear
  3. アンダークラウドおよび各コントロールプレーンノードにバックアップディレクトリーを作成します。

    [root@controller-x ~]# mkdir -p /ctl_plane_backups
  4. NFS を実行するバックアップノードの ctl_plane_backups NFS ディレクトリーを、アンダークラウドおよび各コントロールプレーンノードにマウントします。

    [root@controller-x ~]# mount -t nfs  <BACKUP_NODE_IP_ADDRESS>:/ctl_plane_backups /ctl_plane_backups

    <BACKUP_NODE_IP_ADDRESS> を NFS サーバーを実行するバックアップノードの IP アドレスに置き換えてください。