2.2. バックアップディレクトリーの作成およびエクスポート

バックアップ用 ISO イメージをアンダークラウドまたはコントロールプレーンノードからバックアップノードにコピーするには、バックアップディレクトリーを作成する必要があります。

前提条件

手順

  1. バックアップディレクトリーを作成します。

    [root@backup ~]# mkdir /ctl_plane_backups
  2. ディレクトリーをエクスポートします。<IP_ADDRESS/24> を IP アドレスおよびネットワークのサブネットマスクに置き換えてください。

    [root@backup ~]# cat >> /etc/exports << EOF
    /ctl_plane_backups <IP_ADDRESS/24>(rw,sync,no_root_squash,no_subtree_check)
    EOF

    /etc/exports ファイルのエントリは、スペース区切りリストの形式です。アンダークラウドおよびオーバークラウドのコントロールプレーンノードが異なるネットワークまたはサブネットを使用している場合には、以下の例に示すように、それぞれのネットワークまたはサブネットについて、このステップを繰り返します。

    cat >> /etc/exports << EOF
    /ctl_plane_backups 192.168.24.0/24(rw,sync,no_root_squash,no_subtree_check) /
    ctl_plane_backups 10.0.0.0/24(rw,sync,no_root_squash,no_subtree_check) /
    ctl_plane_backups 172.16.0.0/24(rw,sync,no_root_squash,no_subtree_check)
    EOF
  3. NFS サーバーを再起動します。

    [root@backup ~]# systemctl restart nfs-server
  4. エントリーが NFS サーバーで正しく設定されていることを確認します。

    [root@backup ~]# showmount -e `hostname`