Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

4.7. Keystone ドメイン

keystone ドメインは高レベルのセキュリティー境界で、プロジェクト、ユーザーおよびグループを論理的にグループ化します。そのため、keystone ベースのすべてのアイデンティティーコンポーネントを一元管理できます。アカウントドメイン、サーバー、ストレージ、およびその他のリソースの導入により、複数のプロジェクト (以前はテナントと呼ばれていました) に論理的にグループ化され、マスターアカウントのようなコンテナーでグループ化できるようになりました。さらに、アカウントドメイン内で複数のユーザーを管理でき、プロジェクトごとに異なるロールを割り当てることができます。

Identity V3 API は複数のドメインをサポートします。異なるドメインのユーザーは、異なる認証バックエンドで表される場合があります。また、さまざまなサービスリソースにアクセスするためにポリシー定義で使用される単一のロールおよび特権のセットにマップする必要がある異なる属性が存在する可能性があります。

ルールが、プロジェクトに属する admin ユーザーおよびユーザーのみへのアクセスを指定する場合には、マッピングが簡単な場合があります。他のシナリオでは、クラウド管理者はプロジェクトごとにマッピングルーチンを承認する必要がある場合があります。

ドメイン固有の認証ドライバーにより、ドメイン固有の設定ファイルを使用して Identity サービスを複数のドメインに設定できます。ドライバーを有効にし、ドメイン固有の設定ファイルの場所を設定することは、/var/lib/config-data/puppet-generated/keystone/etc/keystone/keystone.conf ファイルの [identity] セクションで行います。例:

[identity]
domain_specific_drivers_enabled = True
domain_config_dir = /var/lib/config-data/puppet-generated/keystone/etc/keystone/domains/

ドメイン固有の設定ファイルのないドメインは、プライマリー /var/lib/config-data/puppet-generated/keystone/etc/keystone/keystone.conf ファイルでオプションを使用します。