Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第1章 セキュリティーの概要

Red Hat Openstack Platform (RHOSP) で提供されるツールを使用して、計画や操作においてセキュリティーの優先順位付けを行い、ユーザーのプライバシーとデータのセキュリティーを強化します。セキュリティー標準の実装に失敗すると、ダウンタイムやデータ違反が発生します。ユースケースは、監査プロセスおよびコンプライアンスプロセスを通過する必要のある法律が適用される場合があります。注記

本章の手順に従って、お使いの環境のセキュリティーを強化します。ただし、これらの推奨事項はセキュリティーやコンプライアンスを保証しません。環境が独自の要件に基づいてセキュリティーを評価する必要があります。

Ceph を強化する方法は、『データセキュリティーおよび強化ガイド』を参照してください。

1.1. Red Hat OpenStack Platform セキュリティー

デフォルトでは、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) director は、以下のツールを使用してオーバークラウドを作成し、セキュリティーに対するアクセス制御を行います。

SElinux
SELinux は、各プロセスに必要なアクセス制御を提供して、すべてのアクションに明示的なパーミッションを提供することで、RHOSP のセキュリティー拡張機能を提供します。
Podman
コンテナーツールとしての Podman は、root アクセスを持つプロセスが機能する必要のあるクライアント/サーバーモデルを使用しないため、RHOSP のセキュアなオプションです。
システムアクセスの制限
オーバークラウドのデプロイメント時に director が heat-admin に作成する SSH 鍵またはオーバークラウドで作成した SSH キーのいずれかを使用して、オーバークラウドノードにログインすることができます。オーバークラウドノードにログインしてオーバークラウドノードにパスワードで SSH を使用したり、root を使用してオーバークラウドノードにログインしたりすることはできません。

組織のニーズおよび信頼レベルに基づいて、以下に示す新たなセキュリティー機能で director を設定することができます。

  • パブリック TLS および TLS-everywhere
  • OpenStack Key Manager (barbican) とハードウェアセキュリティーモジュールの統合
  • 署名付きイメージおよび暗号化されたボリューム
  • ワークフロー実行を使用したパスワードおよび fernet 鍵のローテーション