Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

2.2. ハードウェアインベントリー

記述したドキュメントのコンプライアンス要件のないクラウドは、Configuration Management Database (CMDB) を使用するのにメリットがあります。CMDB は通常、ハードウェアアセットの追跡とライフサイクル管理全体に使用されます。CMDB を利用すると、組織は、コンピュートノード、ストレージノード、またはネットワークデバイスなどのクラウドインフラストラクチャーを素早く特定できます。CMDB は、不十分なメンテナンス、不十分な保護、または誤った配置、忘却などによる脆弱性のある可能性のあるネットワークに存在するアセットの特定を支援します。OpenStack プロビジョニングシステムは、基礎となるハードウェアが必要な自動検出機能をサポートする場合に、基本的な CMDB 関数を提供できます。