Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

5.6. 例: 属性に基づくアクセスの制限

API 呼び出しを実行するユーザーの属性に基づいて、API 呼び出しへのアクセスを制限するポリシーを作成できます。たとえば、以下のデフォルトのルールは、管理者コンテキストから実行された場合のキーペアの削除が許可されるか、またはトークンのユーザー ID がターゲットに関連付けられたユーザー ID と一致することを示しています。

"os_compute_api:os-keypairs:delete": "rule:admin_api or user_id:%(user_id)s"

注記: *新しい実装機能は、各リリースと共に各サービスに保証される訳ではありません。したがって、ターゲットサービスの既存のポリシーの規則を使用してルールを作成することが重要です。これらのポリシーの表示に関する詳細は、「既存ポリシーの確認」を参照してください。* すべてのポリシーは、リリース間の互換性の保証が保証されないため、デプロイするすべてのバージョンの非実稼働環境でテストする必要があります。

上記の例では、API ルールを作成し、リソースを所有するかどうかに基づいてユーザーへのアクセスを拡張または制限できます。また、属性と他の制限を組み合わせて、以下の例で示すようにルールを形成できます。

"admin_or_owner": "is_admin:True or project_id:%(project_id)s"

上記の例を考慮すると、管理者およびユーザーに限定した一意のルールを作成し、そのルールを使用してさらにアクションを制限することができます。

"admin_or_user": "is_admin:True or user_id:%(user_id)s"
"os_compute_api:os-instance-actions": "rule:admin_or_user"

利用可能な policy.json 構文オプションの詳細は、「ポリシー構文」を参照してください。