Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

3.6. TLS 1.0 が非推奨に

重要

FedRAMP 認可システムは、TLS 1.0 から離れる必要があります。推奨されるレベルは 1.2 で、幅広い互換性が必要な場合に 1.1 を使用できます。詳細は、https://www.fedramp.gov/assets/resources/documents/CSP_TLS_Requirements.pdf を参照してください。

Red Hat OpenStack Platform 13 デプロイメントでは、HAProxy によって TLS 1.0 接続が許可されません。これにより、TLS 対応の API の TLS 接続を処理します。これは、no-tlsv10 オプションで実装されます。InternalTLS が有効な HA デプロイメントでは、コントローラープレーン上のノード間のトラフィックも暗号化されます。これには、RabbitMQ、MariaDB、Redis などがあります。MariaDB と Redis の TLS1.0 が非推奨になり、RabbitMQ の非推奨化がアップストリームからバックポートされることが予想されます。

3.6.1. TLS 1.0 が使用されているかどうかを確認する

cipherscan を使用して、TLS 1.0 がデプロイメントで提示されているかどうかを判断できます。暗号スキャンは、https://github.com/mozilla/cipherscan からクローンできます。この出力例は、horizon から受信した結果を示しています。

注記

実稼働以外のシステムから cipherscan を実行すると、初回実行時に追加の依存関係をインストールする場合があるためです。

$ ./cipherscan https://openstack.lab.local
..............................
Target: openstack.lab.local:443

prio  ciphersuite                  protocols  pfs                 curves
1     ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256  TLSv1.2    ECDH,P-256,256bits  prime256v1
2     ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384  TLSv1.2    ECDH,P-256,256bits  prime256v1
3     DHE-RSA-AES128-GCM-SHA256    TLSv1.2    DH,1024bits         None
4     DHE-RSA-AES256-GCM-SHA384    TLSv1.2    DH,1024bits         None
5     ECDHE-RSA-AES128-SHA256      TLSv1.2    ECDH,P-256,256bits  prime256v1
6     ECDHE-RSA-AES256-SHA384      TLSv1.2    ECDH,P-256,256bits  prime256v1
7     ECDHE-RSA-AES128-SHA         TLSv1.2    ECDH,P-256,256bits  prime256v1
8     ECDHE-RSA-AES256-SHA         TLSv1.2    ECDH,P-256,256bits  prime256v1
9     DHE-RSA-AES128-SHA256        TLSv1.2    DH,1024bits         None
10    DHE-RSA-AES128-SHA           TLSv1.2    DH,1024bits         None
11    DHE-RSA-AES256-SHA256        TLSv1.2    DH,1024bits         None
12    DHE-RSA-AES256-SHA           TLSv1.2    DH,1024bits         None
13    ECDHE-RSA-DES-CBC3-SHA       TLSv1.2    ECDH,P-256,256bits  prime256v1
14    EDH-RSA-DES-CBC3-SHA         TLSv1.2    DH,1024bits         None
15    AES128-GCM-SHA256            TLSv1.2    None                None
16    AES256-GCM-SHA384            TLSv1.2    None                None
17    AES128-SHA256                TLSv1.2    None                None
18    AES256-SHA256                TLSv1.2    None                None
19    AES128-SHA                   TLSv1.2    None                None
20    AES256-SHA                   TLSv1.2    None                None
21    DES-CBC3-SHA                 TLSv1.2    None                None

Certificate: trusted, 2048 bits, sha256WithRSAEncryption signature
TLS ticket lifetime hint: None
NPN protocols: None
OCSP stapling: not supported
Cipher ordering: server
Curves ordering: server - fallback: no
Server supports secure renegotiation
Server supported compression methods: NONE
TLS Tolerance: yes

Intolerance to:
 SSL 3.254           : absent
 TLS 1.0             : PRESENT
 TLS 1.1             : PRESENT
 TLS 1.2             : absent
 TLS 1.3             : absent
 TLS 1.4             : absent

サーバーのスキャン時に、Cipherscan インターバリーが、ネゴシエートする最大の TLS バージョンである特定の TLS バージョンのサポートをアドバータイズします。ターゲットサーバーが TLS プロトコルを正しく従うと、相互に対応している最新バージョンで応答します。これは、最初にアドバータイズされた Cipherscan よりも低くなる可能性があります。サーバーが特定のバージョンを使用するクライアントとの接続を確立し続けると、そのプロトコルバージョンに対する耐性があるとみなされません。(指定されたバージョンまたは下位バージョンを使用する) 接続を確立しない場合は、そのバージョンのプロトコルの耐性があることが考慮されます。例:

Intolerance to:
 SSL 3.254           : absent
 TLS 1.0             : PRESENT
 TLS 1.1             : PRESENT
 TLS 1.2             : absent
 TLS 1.3             : absent
 TLS 1.4             : absent

この出力では、TLS 1.0 および TLS 1.1 のイントレランスは PRESENT として報告されます。これは、接続を確立できず、その Cipherscan がこれらの TLS バージョンのアドバタイズメントサポート中に接続できなかったことを意味します。そのため、スキャンされたサーバーでプロトコルの (およびそれより低い) バージョンが有効ではないことを確認する必要があります。