Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

6.7. Block Storage

OpenStack Block Storage (cinder) は、ソフトウェア (サービスおよびライブラリー) を提供するサービスで、永続的なブロックレベルのストレージデバイスをセルフサービスで管理するサービスです。これにより、Compute (nova) インスタンスで使用する Block Storage リソースへのオンデマンドアクセスが作成されます。これにより、ブロックストレージのプールをさまざまなバックエンドストレージデバイスに仮想化することで、ソフトウェア定義のストレージが作成され、ソフトウェア実装または従来のハードウェアストレージ製品のいずれかになります。これの主な機能は、ブロックデバイスの作成、割り当て、切断を管理することです。コンシューマーは、バックエンドストレージ機器の種類や、そのタイプの配置先に関する知識は必要ありません。

コンピュートインスタンスは、iSCSI、ATA over Ethernet、または Fibre-Channel などの業界標準のストレージプロトコルを使用してブロックストレージを保存し、取得します。これらのリソースは、OpenStack ネイティブ HTTP RESTful API を使用して管理および設定されます。

6.7.1. ボリュームの接続

ブロックストレージデバイスを消去する方法は複数あります。従来の方法として、lvm_type を thin に設定し、続いて volume_clear パラメーターを使用します。または、ボリュームの暗号化機能があれば、ボリュームの暗号化キーが削除される場合にボリュームのワイプは必要ありません。

注記

以前のバージョンでは、lvm_type=default は wipe を示すために使用されていました。この手法は依然として機能しますが、secure delete の設定に lvm_type=default は推奨されません。

volume_clear パラメーターは、zero または shred のいずれかを引数として受け入れることができます。zero は、デバイスにゼロのパスを 1 つ書き込みます。shred 操作は、事前に決定したビットパターンの 3 つを書き込みます。