Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

15.3. キュー認証およびアクセス制御

RabbitMQ および Qpid は、キューへのアクセスを制御する認証およびアクセス制御メカニズムを提供します。

Simple Authentication and Security Layer (SASL) は、インターネットプロトコルにおける認証およびデータセキュリティーのフレームワークです。RabbitMQ と Qpid はどちらも、簡単なユーザー名とパスワードより優れた SASL およびその他のプラグ可能な認証メカニズムを提供し、認証セキュリティーが強化されます。RabbitMQ は SASL をサポートしますが、現在 OpenStack のサポートでは、特定の SASL 認証メカニズムを要求することは許可されません。OpenStack の RabbitMQ サポートでは、暗号化されていない接続を使用したユーザー名およびパスワード認証、またはユーザー名/パスワードとセキュアな TLS 接続を確立するための X.509 クライアント証明書の組み合わせのどちらか可能です。

メッセージングキューへのクライアント接続用に、すべての OpenStack サービスノードで X.509 クライアント証明書を設定することを検討してください。また、可能であれば X.509 クライアント証明書を使用した認証を実施します (現在は Qpid のみ)。ユーザー名とパスワードを使用する場合は、キューへのアクセスをより細かく監査できるように、サービスおよびノードごとにアカウントを作成する必要があります。

デプロイメントの前に、キューサーバーが使用する TLS ライブラリーを考慮してください。Qpid は Mozilla の NSS ライブラリーを使用しますが、RabbitMQ は OpenSSL を使用する Erlang の TLS モジュールを使用します。

15.3.1. RabbitMQ 用 OpenStack サービスの設定

本項では、OpenStack サービス用の標準的な RabbitMQ 設定について説明します。

[DEFAULT]
rpc_backend = nova.openstack.common.rpc.impl_kombu
rabbit_use_ssl = True
rabbit_host = RABBIT_HOST
rabbit_port = 5671
rabbit_user = compute01
rabbit_password = RABBIT_PASS
kombu_ssl_keyfile = /etc/ssl/node-key.pem
kombu_ssl_certfile = /etc/ssl/node-cert.pem
kombu_ssl_ca_certs = /etc/ssl/cacert.pem
注記

RABBIT_PASS を適切なパスワードに置き換えます。