Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第11章 オブジェクトストレージ

Object Storage (swift) サービスは、HTTP 経由でデータを保存および取得します。オブジェクト (データの塊) は、組織的な階層に保存され、匿名の読み取り専用アクセス、ACL 定義のアクセス、または一時的なアクセスを提供するように設定できます。swift は、ミドルウェアを使用して実装される複数のトークンベースの認証メカニズムをサポートします。

アプリケーションは、業界標準の HTTP RESTful API を使用して、オブジェクトストレージにデータを保存し、取得します。バックエンドの swift コンポーネントは同じ RESTful モデルに従いますが、一部の API (耐久性を管理する API など) はクラスターに対してプライベートなままになります。

swift のコンポーネントは以下のプライマリーグループに分類されます。

  • プロキシーサービス
  • 認証サービス
  • ストレージサービス

    • アカウントサービス
    • コンテナーサービス
    • オブジェクトサービス
swift ネットワークダイアグラム 1
注記

オブジェクトストレージのインストールは、インターネットに接続する必要はなく、パブリックスイッチ (組織の内部ネットワークインフラストラクチャーの一部) を持つプライベートクラウドにすることもできます。

11.1. ネットワークセキュリティー

swift のセキュリティー強化は、ネットワークコンポーネントのセキュリティー保護から始まります。詳細は、「Networking」の章を参照してください。

高可用性を確保する場合、rsync プロトコルがストレージサービスノード間でデータをレプリケートするために使用されます。さらに、プロキシーサービスは、クライアントエンドポイントとクラウド環境間でデータをリレーする際にストレージサービスと通信します。

注記

swift は、ノード間通信に暗号化または認証を使用しません。これは、swift がパフォーマンス上の理由でネイティブ rsync プロトコルを使用し、rsync 通信に SSH を使用しないためです。これが、アーキテクチャー図にプライベートスイッチまたはプライベートネットワーク ([V]LAN) が表示される理由です。このデータゾーンは、他の OpenStack データネットワークからも分離する必要があります。

注記

データゾーン内のストレージノードには、プライベート (V)LAN ネットワークセグメントを使用します。

これには、プロキシーノードにデュアルインターフェース (物理または仮想) が必要です。

  • コンシューマーが到達できるパブリックインターフェースとして 1 つのインターフェース。
  • ストレージノードにアクセスできるプライベートインターフェースとしての別インターフェース。

以下の図は、Object Storage ネットワークアーキテクチャーと管理ノード (OSAM) を使用する、可能なネットワークアーキテクチャーの 1 つを示しています。

swift ネットワークダイアグラム 2