Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

15.4. メッセージキュープロセスの分離およびポリシー

各プロジェクトは、メッセージを送信および消費するサービスを多数提供します。メッセージを送信する各バイナリーは、返信のみの場合、キューからのメッセージを消費します。

メッセージキューサービスのプロセスは、互いに、およびマシン上の他のプロセスから分離する必要があります。

15.4.1. 名前空間

Neutron および Open vSwitch(OVS)ネットワークは名前空間内で実行されますが、一部の OVS ホストサービスは vswitchd、libvirtd、および QEMU を含めていません。コンテナー化されたコントロールプレーンを実行する場合、すべてのコントロールプレーンサービスはデフォルトでネットワーク namespace 内で実行されます。(AMQP サービスを実行するため)Compute ハイパーバイザー上で実行中のすべてのサービスには、ネットワークの名前空間を強く推奨されます。この方法では、インスタンスと管理ネットワーク間のネットワークトラフィックのブリッジを防ぐのに役立ちます。