Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第4章 アイデンティティーおよびアクセス管理

Identity サービス (keystone) は、クラウドユーザーの認証と承認を提供し、セキュリティー上の考慮事項に重要なコンポーネントです。

Identity サービスは、エンドユーザー認証を直接提供するか、または外部の認証方法を使用して、組織のセキュリティーポリシーおよび要件に準拠するように設定できます。

4.1. 認証

認証は、あらゆる実際の OpenStack デプロイメントの不可欠な要素です。システム設計のこの側面に注意を払う必要があります。このトピックの完全な取り扱いについては、本書では扱いませんが、以下の主要なトピックについて記載します。

最も基本的な認証は、アイデンティティーを確認するプロセスです。システムにログインする際に、使い慣れている例は、ユーザー名とパスワードを提供します。

OpenStack Identity サービス (keystone) は、ユーザー名とパスワード、LDAP、およびその他の外部認証方法など、複数の認証メソッドをサポートしています。認証に成功すると、Identity サービスは、後続のサービスリクエストに使用される承認トークンを提供します。

TLS (Transport Layer Security) は、X.509 証明書を使用してサービスとユーザーの間の認証を提供します。TLS のデフォルトモードはサーバー側の認証のみですが、米国の政府標準で義務付けられているため、クライアント認証に証明書を使用することを検討する必要があります。