Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第2章 ドキュメント

ドキュメントには、OpenStack 環境の一般的な説明と、使用する全システム (例: 実稼働、開発、またはテスト) について記載する必要があります。システムコンポーネント、ネットワーク、サービス、およびソフトウェアを文書化することは、多くの場合、セキュリティーに関する懸念事項、攻撃ベクトル、および考えられるセキュリティーゾーン障害点を重視するために必要な全体像を提供します。システムインベントリーは、従来の IT 環境で永続的なリソースである仮想マシンや仮想ディスクボリュームなどの一時的なリソースを取得する必要がある場合があります。

2.1. システムロールとタイプ

環境で使用されるロールのドキュメントOpenStack インストールを一般的に構成する、幅広い 2 種類のノードタイプは以下のとおりです。

  • インフラストラクチャーノード: OpenStack API プロバイダー (neutron など)、キューへのサービス、ストレージ管理、監視、ネットワーク、クラウドの操作およびプロビジョニングに必要な他のサービスなどのクラウド関連のサービスを実行します。
  • コンピュート、ストレージ、またはその他のリソースノード: クラウドで実行されるインスタンスのコンピュートおよびストレージ容量を提供します。