Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

5.3. 初回起動: 初回起動設定のカスタマイズ

director は、オーバークラウドの初回作成時に全ノードに対して設定を行います。そのために、director は OS::TripleO::NodeUserData リソース種別を使用して呼び出すことのできる cloud-init を使用します。

以下の例では、全ノード上でカスタム IP アドレスを使用してネームサーバーを更新します。まず基本的な heat テンプレート (/home/stack/templates/nameserver.yaml) を作成する必要があります。OS::TripleO::MultipartMime リソース種別を使用して、この設定スクリプトを送信することができます。

heat_template_version: 2014-10-16

description: >
  Extra hostname configuration

resources:
  userdata:
    type: OS::Heat::MultipartMime
    properties:
      parts:
      - config: {get_resource: nameserver_config}

  nameserver_config:
    type: OS::Heat::SoftwareConfig
    properties:
      config: |
        #!/bin/bash
        echo "nameserver 192.168.1.1" >> /etc/resolv.conf

outputs:
  OS::stack_id:
    value: {get_resource: userdata}

次に、OS::TripleO::NodeUserData リソース種別として heat テンプレートを登録する環境ファイル (/home/stack/templates/firstboot.yaml) を作成します。

resource_registry:
  OS::TripleO::NodeUserData: /home/stack/templates/nameserver.yaml

初回起動の設定を追加するには、最初にオーバークラウドを作成する際に、その他の環境ファイルと共にこの環境ファイルをスタックに追加します。たとえば、以下のようになります。

$ openstack overcloud deploy --templates \
    ...
    -e /home/stack/templates/firstboot.yaml \
    ...

-e を使用して、オーバークラウドスタックに環境ファイルを適用します。

これにより、ノード作成後の初回起動時に設定がすべてのノードに追加されます。これ以降は (たとえば、オーバークラウドスタックの更新時)、これらのテンプレートを追加してもこれらのスクリプトは実行されません。

重要

OS::TripleO::NodeUserData を登録することができるのは 1 つの Heat テンプレートだけです。別の Heat テンプレートに登録すると、使用する Heat テンプレートがそのテンプレートに変わります。

これにより、以下の操作が実行されます。

  1. OS::TripleO::NodeUserData は、コレクション内の他のテンプレートで使用する director ベースの Heat リソースで、全ノードに対して初回起動の設定を適用します。このリソースは、cloud-init で使用するデータを渡します。デフォルトの NodeUserData は、空の値 (firstboot/userdata_default.yaml) を指定する heat テンプレートを参照します。この例では、firstboot.yaml の環境ファイルは、このデフォルトを独自の nameserver.yaml ファイルへの参照に置き換えます。
  2. nameserver_config は、初回起動で実行する Bash スクリプトを定義します。OS::Heat::SoftwareConfig リソースは、適用する設定としてこれを定義します。
  3. userdata は、OS::Heat::MultipartMime リソースを使用して、nameserver_config から複数のパートからなる MIME メッセージに設定を変換します。
  4. outputs では、output パラメーターの OS::stack_id が提供され、userdata から MIME メッセージを呼び出している Heat テンプレート/リソースに渡します。

これにより、各ノードは初回起動時に以下の Bash スクリプトを実行します。

#!/bin/bash
echo "nameserver 192.168.1.1" >> /etc/resolve.conf

この例では、Heat テンプレートがあるリソースから別のリソースに設定を渡して変更する方法を示しています。また、新規 Heat リソースの登録または既存のリソースの変更を行う環境ファイルの使用方法も説明します。