Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第1章 サードパーティーコンポーネントを統合する理由

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) を使用して、ソリューションを RHOSP director と統合できます。RHOSP director を使用して、RHOSP 環境のデプロイメントライフサイクルをインストールおよび管理します。リソースを最適化し、デプロイメントに要する時間を短縮し、ライフサイクル管理コストを削減できます。

RHOSP director インテグレーションにより、既存のエンタープライズ管理システムおよびプロセスを統合します。CloudForms 等の Red Hat 製品により director との統合プロセスを把握し、サービスデプロイメントの管理を広範囲に公開することが期待されます。

1.1. パートナーインテグレーションの前提条件

director で操作を実行する前に、いくつかの前提条件を満たす必要があります。パートナーインテグレーションの目的は、Red Hat のエンジニアリングチーム、パートナーのマネージャー、サポート要員が協調してテクノロジーの統合を効率的に行えるように、統合全体について共通理解を形作ることです。

Red Hat OpenStack Platform director にサードパーティーのコンポーネントを含めるには、Red Hat OpenStack Platform でパートナーソリューションを認証する必要があります。