Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

7.2. コンテナー認定チェックリストへの準拠

認定済みコンテナーは、パッケージング、配布、およびメンテナンスに関する Red Hat の基準を満たす必要があります。Red Hat によって認定されたコンテナーは、高いレベルの信頼性と Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) を含むコンテナー対応プラットフォームからのサポート性を提供します。これを維持するには、パートナーはイメージを最新の状態に保つ必要があります。

手順

  1. Certification Checklist をクリックします。
  2. チェックリストのすべてのセクションを完了します。チェックリストの項目の詳細情報が必要な場合は、左側のドロップダウン矢印をクリックして、項目の情報や他のリソースへのリンクを表示してください。

CertificationChecklist

チェックリストには、以下の項目が含まれます。

Update your company profile
会社プロファイルが最新の状態であることを確認してください。
Update your product profile
このページは、製品種別、説明、リポジトリーの URL、バージョン、および連絡先リストなどの製品プロファイルの詳細を定義します。
Accept the OpenStack Appendix
コンテナーに関する諸条件です。
Update project profile
自動公開、レジストリー名前空間、リリースカテゴリー、サポート対象プラットフォームなどのイメージ設定が正しいことを確認してください。
注記

Supported Platforms セクションでは、このページの他の必須フィールドを保存できるように、オプションを選択する必要があります。

Package and test your application as a container
このページの指示に従って、ビルドサービスを設定します。ビルドサービスを使用するには、これまでのステップを完了している必要があります。
Upload documentation and marketing materials
これにより、製品ページにリダイレクトされます。下にスクロールし、Add new Collateral ​をクリックして製品情報をアップロードします。
注記

少なくとも 3 つのマテリアルを指定する必要があります。最初のマテリアルは ドキュメント タイプである必要があります。

Provide a container registry namespace
この名前空間は、プロジェクトプロファイルページと同じです。
Provide sales contact information
この情報は、会社プロファイルと同じです。
Obtain distribution approval from Red Hat
Red Hat は、このステップの許可を与えます。
Configure Automated Build Service
コンテナーイメージのビルドおよびスキャンを実施するための設定情報です。

チェックリストの最後の項目は Configure Automated Build Service です。このサービスを設定するためには、プロジェクトに Red Hat の認定基準に適合する Dockerfile が含まれていなければなりません。