Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第7章 認定済みコンテナーイメージのビルド

パートナー向け ビルドサービス を使用して、認定用にアプリケーションコンテナーをビルドすることができます。ビルドサービス では、SSH キーによりパブリックまたはプライベートにインターネットアクセス可能な Git リポジトリーから、コンテナーをビルドします。

本項では、Red Hat OpenStack and NFV Zone の一部である自動 ビルドサービス を使用して、コンテナー化されたパートナープラットフォームプラグインを Red Hat OpenStack Platform 13 ベースコンテナーに自動的にビルドする手順について説明します。

前提条件

  • Red Hat Connect for Technology Partners に登録する
  • Red Hat OpenStack & NFV ゾーンへのゾーンアクセスを申請する
  • 製品を作成する(提供された情報は、当社のカタログに認定を公開する際に使用されます)
  • コンテナーに含める Dockerfile およびあらゆるコンポーネントと共に、プラグイン用の git リポジトリーを作成する

Red Hat Connect サイトに登録またはアクセスする際に問題が発生した場合は、Red Hat Technology Partner Success Desk にお問い合わせください。

7.1. コンテナープロジェクトの追加

1 つのプロジェクトが 1 つのパートナーイメージに対応します。イメージが複数ある場合には、複数のプロジェクトを作成する必要があります。

手順

  1. Red Hat Connect for Technology Partners にログインし、Zones をクリックします。
  2. 下方向にスクロールして、Red Hat OpenStack & NFV ゾーンを選択します。ボックスのどこかをクリックします。
  3. Certify をクリックし、ご自分の会社の既存製品およびプロジェクトにアクセスします。
  4. Add Project をクリックし、新規プロジェクトを作成します。
  5. Project Name を設定します。

    • プロジェクト名は、システム外には公開されません。
    • プロジェクト名には [product][version]-[extended-base-container-image]-[your-plugin] が含まれている必要があります。
    • OpenStack の場合、フォーマットは rhospXX-baseimage-myplugin です。
    • 例: rhosp13-openstack-cinder-volume-myplugin
  6. ご自分の製品またはプラグイン、およびそのバージョンを元に、ProductProduct Version、および Release Category を選択します。

    • プロジェクトを作成する前に、製品とそのバージョンを作成します。
    • ラベルのリリースカテゴリーは、Tech Preview に設定します。Red Hat Certification を使用した API テストが完了するまで、Generally Available オプションを選択することはできません。コンテナーイメージが認定されたら、プラグイン認定要件を参照してください。
  7. パートナープラグインで変更するベースイメージを元に、Red Hat Product および Red Hat Product Version を選択します。今回のリリースでは、Red Hat OpenStack Platform および 13 を選択してください。
  8. Submit をクリックし、新規プロジェクトを作成します。

結果:

Red Hat はプロジェクトを評価しその認定を確認します。

アップストリームコードに関してプラグインが ツリー内ツリー外 かを記載して、connect@redhat.com にメールを送信してください。

  • ツリー内 とは、プラグインが OpenStack アップストリームコードベースに含まれ、プラグインイメージが Red Hat によりビルドされ Red Hat OpenStack Platform 16.1 で配布されることを意味します。
  • ツリー外​ とは、プラグインイメージが OpenStack アップストリームコードベースに含まれず、​RHOSP 16.1 では配布されないことを意味します。