Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

8.2. Networking (neutron)

OpenStack Networking (neutron) は、クラウド環境でネットワークアーキテクチャーを作成する機能を提供します。このプロジェクトは、Software Defined Networking (SDN) ベンダーの統合ポイントを複数提供します。この統合ポイントは通常プラグインまたはエージェントのカテゴリーに分類されます。

プラグインでは、既存の neutron の機能を拡張およびカスタマイズすることができます。ベンダーは、プラグインを記述して、neutron と認定済みのソフトウェアやハードウェアの間で相互運用性を確保することができます。独自のドライバーを統合するためのモジュラーバックエンドを提供する、neutron の Modular Layer 2 (ml2) プラグインのドライバーを開発します。

エージェントでは、固有のネットワーク機能が提供されます。メインの neutron サーバーおよびそのプラグインは、neutron エージェントと通信します。既存の例には、DHCP、Layer 3 のサポート、ブリッジサポートが含まれます。

プラグインとエージェントの両方で、次のいずれかのオプションを選択できます。

  • Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) ソリューションの一部としてディストリビューションに含める。
  • RHOSP のディストリビューションの後にオーバークラウドのイメージに追加する。

認定済みのハードウェアおよびソフトウェアを統合する方法を判断するために、既存のプラグインおよびエージェントの機能を分析します。特に、ml2 プラグインの一部としてドライバーをまず開発することを推奨します。

アップストリームのリポジトリー:

アップストリームのブループリント:

Puppet モジュール:

Bugzilla コンポーネント:

  • openstack-neutron
  • python-neutronclient
  • openstack-puppet-modules
  • openstack-tripleo-heat-templates

統合メモ:

  • アップストリームの neutron プロジェクトには、複数の統合ポイントが含まれます。

    • プラグインは neutron/plugins/ にあります。
    • ml2 プラグインドライバーは neutron/plugins/ml2/drivers/ にあります。
    • エージェントは neutron/agents/ にあります。
  • OpenStack Liberty リリース以降、ベンダー固有の ml2 プラグインの多くが networking- で始まる独自のリポジトリーに移動されました。たとえば、Cisco 固有のプラグインは https://github.com/openstack/networking-cisco にあります。
  • puppet-neutron リポジトリーには、これらの統合ポイントを設定するための個別のディレクトリーも含まれます。

    • プラグイン設定は manifests/plugins/ にあります。
    • ml2 プラグインのドライバー設定は manifests/plugins/ml2/ にあります。
    • エージェントの設定は manifests/agents/ にあります。
  • puppet-neutron リポジトリーには、設定関数のライブラリーが別途多数含まれています。たとえば、neutron_plugin_ml2 ライブラリーは、ml2 プラグインの設定ファイルに属性を追加する関数を追加します。