Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

6.3. ユーザー定義のコンポーザブルサービスの追加

カスタム motd サービスは、オーバークラウドのコントローラーノードでのみ設定できます。そのためには、カスタムの環境ファイルとカスタムのロールデータファイルをデプロイメントに追加する必要があります。実際の要件に応じて、この手順の入力例を置き換えます。

手順

  1. OS::TripleO::Services 名前空間内の登録済み heat リソースとして、新規サービスを環境ファイル env-motd.yaml に追加します。この例では、motd サービスのリソース名は OS::TripleO::Services::Motd です。

    resource_registry:
      OS::TripleO::Services::Motd: /home/stack/templates/motd.yaml
    
    parameter_defaults:
      MotdMessage: |
        You have successfully accessed my Red Hat OpenStack Platform environment!

    このカスタム環境ファイルには、デフォルトの MotdMessage を上書きする新しいメッセージ も含まれています

    デプロイメントに motd サービスが追加されました。ただし、この新規サービスを必要とする各ロールは、カスタムの roles_data.yaml ファイルにある ServicesDefault リストを更新する必要があります。

  2. デフォルトの roles_data.yaml ファイルのコピーを作成します。

    $ cp /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/roles_data.yaml ~/custom_roles_data.yaml
  3. このファイルを編集するには、Controller ロールにスクロールし、ServicesDefault リストにサービスを追加します。

    - name: Controller
      CountDefault: 1
      ServicesDefault:
        - OS::TripleO::Services::CACerts
        - OS::TripleO::Services::CephMon
        - OS::TripleO::Services::CephExternal
    ...
        - OS::TripleO::Services::FluentdClient
        - OS::TripleO::Services::VipHosts
        - OS::TripleO::Services::Motd           # Add the service to the end
  4. オーバークラウドの作成時には、編集した環境ファイルと custom_roles_data.yaml ファイルを他の環境ファイルおよびデプロイメントオプションとともに追加します。

    $ openstack overcloud deploy --templates -e /home/stack/templates/env-motd.yaml -r ~/custom_roles_data.yaml [OTHER OPTIONS]

このコマンドにより、デプロイメントにカスタムの motd サービスが追加され、コントローラーノードのみでサービスが設定されます。