Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

8.4. Image Storage (Glance)

OpenStack Image サービス (glance) は、イメージのストレージを提供するためにストレージ種別と対話する API を提供します。Image サービスは、異なるストレージハードウェアおよびプロトコルをサポートするドライバーのコアセットを提供します。たとえば、コアドライバーには、ファイル、OpenStack Object Storage (swift)、OpenStack Block Storage (cinder)、および Red Hat Ceph Storage のサポートが含まれます。ベンダーは、追加の認定済みのハードウェアをサポートするためにドライバーを含めることができます。

アップストリームのリポジトリー:

アップストリームのブループリント:

Puppet モジュール:

Bugzilla コンポーネント:

  • openstack-glance
  • python-glanceclient
  • openstack-puppet-modules
  • openstack-tripleo-heat-templates

統合メモ:

  • Image サービスは、統合ポイントを含む Block Storage を使用してイメージストレージを管理できるため、ベンダー固有のドライバーを追加する必要はありません。
  • アップストリームの glance_store リポジトリーでは glance_store/_drivers にドライバーが含まれます。
  • puppet-glance リポジトリーでは manifests/backend ディレクトリーにドライバー設定が含まれます。
  • puppet-glance リポジトリーには、Glance 設定ファイルに属性を追加するための glance_api_config と呼ばれるライブラリーが含まれます。