Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

4.4. Puppet 設定への hiera データの追加例

Puppet には、hiera と呼ばれるツールが含まれています。このツールはノード固有の設定を提供するキー/値のシステムとして機能します。これらのキーと値は通常、/etc/puppet/hieradata に配置されるファイルに保管されています。/etc/puppet/hiera.yaml ファイルは、Puppet が hieradata ディレクトリーのファイルを読み込む順序を定義します。

オーバークラウドの設定中、Puppet は hiera データを使用して特定の Puppet クラスのデフォルト値を上書きします。たとえば、puppet-cinder にある cinder::backend::nfs の NFS のマウントオプションはデフォルトでは未定義になっています。

  $nfs_mount_options    = undef,

ただし、cinder::backend::nfs の定義する型を呼び出す独自のマニフェストを作成して、このオプションを hiera データに置き換えることができます。

  cinder::backend::nfs { $cinder_nfs_backend:
    nfs_mount_options   => hiera('cinder_nfs_mount_options'),
  }

これは、nfs_mount_options パラメーターが cinder_nfs_mount_options キーから取得した hiera データの値を使用することを意味します。

cinder_nfs_mount_options: rsize=8192,wsize=8192

または、hiera データを使用して cinder::backend::nfs::nfs_mount_options パラメーターを直接上書きし、NFS 設定の全評価に適用することができます。

cinder::backend::nfs::nfs_mount_options: rsize=8192,wsize=8192

上記の hiera データは cinder::backend::nfs の各評価上にあるこのパラメーターを上書きします。