Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第14章 Messaging パラメーター

パラメーター説明

RabbitAdditionalErlArgs

Erlang サブシステムに渡される追加のパラメーター。文字列は引用符で 2 度囲む必要があります。デフォルトは +sbwt none です。これにより、スピンロック時に erlang 仮想マシンがビジーウェイトしなくなります。ただし、この設定は簡単に上書きすることができます。デフォルト値は '+sbwt none' です。

RabbitCookie

RabbitMQ ノード間の認証に使用される共有シークレット

RabbitFDLimit

RabbitMQ FD の制限を設定します。デフォルト値は 65536 です。

RabbitHAQueues

Rabbit で設定される HA キューの数。デフォルトは -1 で、「ha-mode all」を意味します。0 は特別な値で、CEIL(N/2) に自動的に上書きされます。ここで、N は RabbitMQ を実行しているノードの数です。デフォルト値は -1 です。

RabbitIPv6

RabbitMQ で IPv6 を有効にします。デフォルト値は False です。

RabbitNetTickTime

erlang net_ticktime カーネル変数の値を設定する秒数。デフォルト値は 15 です。

RabbitPassword

RabbitMQ のパスワード

RabbitUserName

RabbitMQ のユーザー名。デフォルト値は guest です。