Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

6.4. SR-IOV 用インスタンスのデプロイ

ハイパフォーマンスコンピュートホストを分けるために、ホストアグリゲートを使用することを推奨します。ホストアグリゲートの作成およびスケジューリング用の関連フレーバーについての情報は、「ホストアグリゲートの作成」を参照してください。

注記

CPU ピニングされたインスタンスをピニングされていないインスタンスと分けるには、ホストアグリゲートを使用すべきです。CPU ピニングを使用していないインスタンスは、CPU ピニングを使用するインスタンスのリソース要件を順守しません。

以下の手順を実施して、Single Root I/O Virtualization (SR-IOV) 用インスタンスをデプロイします。

  1. フレーバーを作成します。

    # openstack flavor create <flavor> --ram <MB> --disk <GB> --vcpus <#>
  2. ネットワークを作成します。

    # openstack network create net1 --provider-physical-network tenant --provider-network-type vlan --provider-segment <VLAN-ID>
    # openstack subnet create subnet1 --network net1 --subnet-range 192.0.2.0/24 --dhcp
  3. ポートを作成します。

    • SR-IOV Virtual Function (VF) ポートを作成するには、vnic-type に direct を使用します。

      # openstack port create --network net1 --vnic-type direct sriov_port
    • ハードウェアオフロードを有効にして Virtual Function を作成するには、以下のコマンドを使用します。

      # openstack port create --network net1 --vnic-type direct --binding-profile '{"capabilities": ["switchdev"]} sriov_hwoffload_port
    • SR-IOV PF ポートを作成するには、vnic-type に direct-physical を使用します。

      # openstack port create --network net1 --vnic-type direct-physical sriov_port
  4. インスタンスをデプロイします。

    # openstack server create --flavor <flavor> --image <image> --nic port-id=<id> <instance name>