Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

6.5. ホストアグリゲートの作成

パフォーマンスを向上させるために、CPU ピニングおよびヒュージページを使用するゲストをデプロイします。アグリゲートメタデータをフレーバーメタデータに一致させることで、ホストのサブセット上にハイパフォーマンスインスタンスをスケジュールすることができます。

手順

  1. デプロイメントの前に nova.conf 設定ファイルの parameter_defaults セクションで heat パラメーター NovaSchedulerDefaultFilters セクションで、AggregateInstanceExtraSpecsFilter の値およびその他の必要なフィルターを設定することができます。

      parameter_defaults:
        NovaSchedulerDefaultFilters: ['AggregateInstanceExtraSpecsFilter', 'RetryFilter','AvailabilityZoneFilter','RamFilter','ComputeFilter','ComputeCapabilitiesFilter','ImagePropertiesFilter','ServerGroupAntiAffinityFilter','ServerGroupAffinityFilter','PciPassthroughFilter','NUMATopologyFilter']
    注記

    AggregateInstanceExtraSpecsFilter 設定を終了クラスターに追加するには、このパラメーターを heat テンプレートに追加し、元のデプロイメント用スクリプトを再度実行します。

  2. Single Root I/O Virtualization (SR-IOV) 用のアグリゲートグループを作成し、適切なホストを追加します。定義するフレーバーメタデータに一致するメタデータを定義します (例: sriov=true)。

    # openstack aggregate create sriov_group
    # openstack aggregate add host sriov_group compute-sriov-0.localdomain
    # openstack aggregate set --property sriov=true sriov_group
  3. フレーバーを作成します。

    # openstack flavor create <flavor> --ram <MB> --disk <GB> --vcpus <#>
  4. 追加のフレーバー属性を設定します。定義したメタデータ (sriov=true) と SR-IOV アグリゲートで定義したメタデータが一致している点に注意してください。

    openstack flavor set --property sriov=true --property hw:cpu_policy=dedicated --property hw:mem_page_size=1GB <flavor>