Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

8.6. オーバークラウドのデプロイ

  1. DPDK Compute ロールのパラメーターが network-environment.yaml に反映されていることを確認します。必要であれば、これらのパラメーターは 派生 OVS-DPDK パラメーターからコピーすることができます。

     # DPDK compute node.
      ComputeOvsDpdkParameters:
        KernelArgs: default_hugepagesz=1GB hugepagesz=1G hugepages=32 iommu=pt intel_iommu=on isolcpus=1-7,17-23,9-15,25-31
        TunedProfileName: "cpu-partitioning"
        IsolCpusList: "1-7,17-23,9-15,25-31"
        NovaVcpuPinSet: ['2-7,18-23,10-15,26-31']
        NovaReservedHostMemory: 4096
        OvsDpdkSocketMemory: "1024,1024"
        OvsDpdkMemoryChannels: "4"
        OvsDpdkCoreList: "0,16,8,24"
        OvsPmdCoreList: "1,17,9,25"
  2. openstack overcloud deploy コマンドを使用して、オーバークラウドをデプロイします。

    • ロールファイルおよびご自分の環境に固有の全環境ファイルを追加します。
    • /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments からの host-config-and-reboot.yaml ファイルをデプロイメントスクリプトに追加して、KernelAgs および TunedProfile パラメーターを適用します。

      TEMPLATES_HOME=”/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates”
      CUSTOM_TEMPLATES=”/home/stack/templates”
      
      openstack overcloud deploy --templates \
      -r ${CUSTOM_TEMPLATES}/roles_data.yaml \
      -e ${TEMPLATES_HOME}/environments/host-config-and-reboot.yaml \
      -e ${CUSTOM_TEMPLATES}/network-environment.yaml \
      -e ${CUSTOM_TEMPLATES}/controller.yaml
      -e ${CUSTOM_TEMPLATES}/computeovsdpdk.yaml \
      ...