Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第8章 OVS-DPDK デプロイメントの設定

本項では、DPDK (OVS-DPDK) を Open vSwitch とともに Red Hat OpenStack Platform 環境内にデプロイします。オーバークラウドは、通常コントローラーノードやコンピュートノードなどの事前定義済みロールのノードと、異なる種別のストレージノードで構成されます。これらのデフォルトロールにはそれぞれ、director ノード上のコア Heat テンプレートで定義されている一式のサービスが含まれます。

オーバークラウドをデプロイする前に、アンダークラウドのインストールと設定が完了している必要があります。詳しくは、『director のインストールと使用方法』を参照してください。

重要

OVS-DPDK 用の OpenStack を最適化するには、network-environment.yaml ファイルに設定する OVS-DPDK パラメーターの最適な値を判断する必要があります。

注記

これらの director Heat テンプレートによって変更される etc/tuned/cpu-partitioning-variables.confisolated_cores またはその他の値は編集/変更しないでください。

8.1. ワークフローを使用した DPDK パラメーターの算出

重要

この機能は、本リリースでは テクノロジープレビュー として提供しているため、Red Hat では全面的にはサポートしていません。これは、テスト目的のみでご利用いただく機能で、実稼働環境にデプロイすべきではありません。テクノロジープレビュー機能についての詳しい情報は、「対象範囲の詳細」を参照してください。

DPDK 向けの Mistral ワークフローに関する概要は、「ワークフローと派生パラメーターについての概要」を参照してください。

前提条件

このワークフローで取得されるデータを提供するには、ハードウェア検査で追加情報を取得するための追加のパラメーター (inspection_extras) を含むベアメタルのイントロスペクションを有効化しておく必要があります。ハードウェア検査の追加パラメーターはデフォルトで有効化されます。『director のインストールと使用方法』の「ノードのハードウェアの検査」を参照してください。

DPDK 向けのワークフローと入力パラメーターの定義

OVS-DPDK ワークフローで指定することができる入力パラメーターの一覧を以下に示します。

num_phy_cores_per_numa_node_for_pmd
この入力パラメーターは、DPDK NIC に関連付けられた NUMA ノードの必要最小限のコア数を指定します。DPDK NIC に関連付けられていないその他の NUMA ノードには、物理コアが 1 つ割り当てられます。このパラメーターは 1 に設定すべきです。
huge_page_allocation_percentage
この入力パラメーターは、ヒュージページとして設定可能な合計メモリー中 (NovaReservedHostMemory を除く) の必要なパーセンテージを指定します。KernelArgs パラメーターは、指定した huge_page_allocation_percentage に基づいて計算されたヒュージページを使用して派生されます。このパラメーターは 50 に設定すべきです。

ワークフローは、これらの入力パラメーターとベアメタルのイントロスペクションの情報を使用して、適切な DPDK パラメーター値を算出します。

DPDK 用のワークフローと入力パラメーターを定義するには、以下の手順を実行します。

  1. /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/plan-samples/plan-environment-derived-params.yaml ファイルをローカルディレクトリーにコピーし、ご自分の環境に合わせて入力パラメーターを設定します。

      workflow_parameters:
        tripleo.derive_params.v1.derive_parameters:
          # DPDK Parameters #
          # Specifices the minimum number of CPU physical cores to be allocated for DPDK
          # PMD threads. The actual allocation will be based on network config, if
          # the a DPDK port is associated with a numa node, then this configuration
          # will be used, else 1.
          num_phy_cores_per_numa_node_for_pmd: 1
          # Amount of memory to be configured as huge pages in percentage. Ouf the
          # total available memory (excluding the NovaReservedHostMemory), the
          # specified percentage of the remaining is configured as huge pages.
          huge_page_allocation_percentage: 50
  2. openstack overcloud deploy コマンドを実行し、以下の項目を追加します。

    • update-plan-only オプション
    • ロールファイルおよびご自分の環境に固有の全環境ファイル
    • plan-environment-derived-parms.yaml ファイル (--plan-environment-file オプションの引数)

      $ openstack overcloud deploy --templates --update-plan-only \
      -r /home/stack/roles_data.yaml \
      -e /home/stack/<environment-file> \
      ... #repeat as necessary ...
      -p /home/stack/plan-environment-derived-params.yaml

このコマンドの出力には、派生した結果が表示されます。これは、plan-environment.yaml ファイルにもマージされます。

Started Mistral Workflow tripleo.validations.v1.check_pre_deployment_validations. Execution ID: 55ba73f2-2ef4-4da1-94e9-eae2fdc35535
Waiting for messages on queue 472a4180-e91b-4f9e-bd4c-1fbdfbcf414f with no timeout.
Removing the current plan files
Uploading new plan files
Started Mistral Workflow tripleo.plan_management.v1.update_deployment_plan. Execution ID: 7fa995f3-7e0f-4c9e-9234-dd5292e8c722
Plan updated.
Processing templates in the directory /tmp/tripleoclient-SY6RcY/tripleo-heat-templates
Invoking workflow (tripleo.derive_params.v1.derive_parameters) specified in plan-environment file
Started Mistral Workflow tripleo.derive_params.v1.derive_parameters. Execution ID: 2d4572bf-4c5b-41f8-8981-c84a363dd95b
Workflow execution is completed. result:
ComputeOvsDpdkParameters:
 IsolCpusList: 1-7,17-23,9-15,25-31
 KernelArgs: default_hugepagesz=1GB hugepagesz=1G hugepages=32 iommu=pt intel_iommu=on isolcpus=1-7,17-23,9-15,25-31
 NovaReservedHostMemory: 4096
 NovaVcpuPinSet: 2-7,18-23,10-15,26-31
 OvsDpdkCoreList: 0,16,8,24
 OvsDpdkMemoryChannels: 4
 OvsDpdkSocketMemory: 1024,1024
 OvsPmdCoreList: 1,17,9,25
注記

OvsDpdkMemoryChannels パラメーターはイントロスペクションの情報からは派生できません。大半の場合、この値は 4 に設定すべきです。

派生パラメーターを使用したオーバークラウドのデプロイ

これらの派生パラメーターを使用してオーバークラウドをデプロイするには、以下の手順を実行します。

  1. 派生パラメーターを plan-environment.yaml ファイルから network-environment.yaml ファイルにコピーします。

      # DPDK compute node.
      ComputeOvsDpdkParameters:
        KernelArgs: default_hugepagesz=1GB hugepagesz=1G hugepages=32 iommu=pt intel_iommu=on isolcpus=1-7,17-23,9-15,25-31
        TunedProfileName: "cpu-partitioning"
        IsolCpusList: "1-7,17-23,9-15,25-31"
        NovaVcpuPinSet: ['2-7,18-23,10-15,26-31']
        NovaReservedHostMemory: 4096
        OvsDpdkSocketMemory: "1024,1024"
        OvsDpdkMemoryChannels: "4"
        OvsDpdkCoreList: "0,16,8,24"
        OvsPmdCoreList: "1,17,9,25"
    注記

    これらのパラメーターは、唯一ロール ComputeOvsDpdk に適用され、同じクラスター上に存在する Compute または ComputeSriov 等の他のロールには適用されません。これらのパラメーターはグローバルに適用可能ですが、グローバルパラメーターはロール固有のパラメーターによってオーバーライドされます。

  2. ロールファイルおよびご自分の環境に固有の全環境ファイルを使用して、オーバークラウドをデプロイします。詳しくは、「オーバークラウドのデプロイ」を参照してください。