Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

9.3.2.2. OVS-DPDK パラメーターの設定

重要

不適切な値で Data Plane Development Kit (DPDK) のデプロイを試みると、デプロイメントに失敗したりデプロイメントが不安定になったりします。OVS-DPDK 向けの OpenStack ネットワークを最適化するには、network-environment.yaml ファイルで設定する OVS-DPDK パラメーターの最も適切な値を決定する必要があります。詳しくは、「ワークフローを使用した DPDK パラメーターの算出」を参照してください。

  1. resource_registry セクションに、使用する OVS-DPDK ロールの nic 設定を追加します。

    resource_registry:
      # Specify the relative/absolute path to the config files you want to use for override the default.
      OS::TripleO::ComputeOvsDpdkRT::Net::SoftwareConfig: nic-configs/compute-ovs-dpdk.yaml
      OS::TripleO::Controller::Net::SoftwareConfig: nic-configs/controller.yaml
  2. parameter_defaults セクションで、OVS-DPDK および RT-KVM のパラメーターを設定します。

      # DPDK compute node.
      ComputeOvsDpdkRTParameters:
        KernelArgs: "default_hugepagesz=1GB hugepagesz=1G hugepages=32 iommu=pt intel_iommu=on isolcpus=1-7,17-23,9-15,25-31"
        TunedProfileName: "realtime-virtual-host"
        IsolCpusList: "1-7,17-23,9-15,25-31"
        NovaVcpuPinSet: ['2-7,18-23,10-15,26-31']
        NovaReservedHostMemory: 4096
        OvsDpdkSocketMemory: "1024,1024"
        OvsDpdkMemoryChannels: "4"
        OvsDpdkCoreList: "0,16,8,24"
        OvsPmdCoreList: "1,17,9,25"
        VhostuserSocketGroup: "hugetlbfs"
      ComputeOvsDpdkRTImage: "overcloud-realtime-compute"