Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

9.6.3. DPDK 設定ファイルの例

parameter_defaults:
  ComputeHCIParameters:
    KernelArgs: "default_hugepagesz=1GB hugepagesz=1G hugepages=240 intel_iommu=on iommu=pt                                           # 1
      isolcpus=2,46,3,47,5,7,9,11,13,15,17,19,21,23,25,27,29,31,33,35,37,39,41,43,49,51,53,55,57,59,61,63,65,67,69,71,73,75,77,79,81,83,85,87"
    TunedProfileName: "cpu-partitioning"
    IsolCpusList:                                               # 2
      ”2,46,3,47,5,7,9,11,13,15,17,19,21,23,25,27,29,31,33,35,37,39,41,43,49,51,
      53,55,57,59,61,63,65,67,69,71,73,75,77,79,81,83,85,87"
    VhostuserSocketGroup: hugetlbfs
    OvsDpdkSocketMemory: "4096,4096"                            # 3
    OvsDpdkMemoryChannels: "4"

    OvsPmdCoreList: "2,46,3,47"                                 # 4
    OvsDpdkCoreList: "0,44,1,45"                                # 5
    NumDpdkInterfaceRxQueues: 1
1
KernelArgs: hugepages を算出するには、合計メモリーから NovaReservedHostMemory パラメーターの値を減算します。
2
IsolCpusList: このパラメーターを使用して、ホストプロセスから分離する CPU コアのセットを割り当てます。IsolCpusList パラメーターの値を算出するには、NovaVcpuPinSet パラメーターの値に OvsPmdCoreList パラメーターの値を加えます。
3
OvsDpdkSocketMemory: OvsDpdkSocketMemory パラメーターを使用して、NUMA ノードごとにヒュージページプールから事前に割り当てるメモリー容量を指定します (MB 単位)。OVS-DPDK パラメーターの計算についての詳しい情報は、ovsdpdk パラメーター に関する説明を参照してください。
4
OvsPmdCoreList: このパラメーターを使用して、DPDK Poll Mode Driver (PMD) に使用される CPU コアを指定します。DPDK インターフェースのローカルの NUMA ノードに関連付けられた CPU コアを選択します。OvsPmdCoreList パラメーターの値を算出するには、NUMA ノードごとに 2 つの HT シブリングスレッドを割り当てます。
5
OvsDpdkCoreList: このパラメーターを使用して、handler および revalidator スレッド等のデータパス以外の OVS-DPDK プロセス用の CPU コアを指定します。OvsDpdkCoreList パラメーターの値を算出するには、NUMA ノードごとに 2 つの HT シブリングスレッドを割り当てます。