Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第3章 ソフトウェア要件

本項では、サポートされている設定とドライバー、および NFV に必要なサブスクリプションの詳細について説明します。

3.1. リポジトリーの登録と有効化

Red Hat OpenStack Platform をインストールするには、Red Hat OpenStack Platform director を Red Hat サブスクリプションマネージャーで登録して、必要なチャンネルをサブスクライブします。詳しくは、『director のインストールと使用方法』の「アンダークラウドの登録と更新」を参照してください。

手順

  1. デフォルトのリポジトリーを無効にします。

    subscription-manager repos --disable=*
  2. Red Hat OpenStack Platform でネットワーク機能仮想化 (NFV) を使用するのに必要なリポジトリーを有効にします。

    sudo subscription-manager repos \
    --enable=rhel-7-server-rpms \
    --enable=rhel-7-server-extras-rpms \
    --enable=rhel-7-server-rh-common-rpms \
    --enable=rhel-ha-for-rhel-7-server-rpms \
    --enable=rhel-7-server-openstack-13-rpms \
    --enable=rhel-7-server-nfv-rpms
注記

オーバークラウドノードを登録するには、『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』の「オーバークラウドの登録」を参照してください。