Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

7.4.5. インスタンスの追加仕様

NFV 環境でインスタンスをデプロイする前に、CPU ピニング、エミュレータースレッドピニング、およびヒュージページを活用するフレーバーを作成します。

hw:cpu_policy
ゲストがピニングされた CPU を使用するように、このパラメーターの値を dedicated に設定します。このパラメーターセットのフレーバーから作成したインスタンスの有効オーバーコミット比は、1 : 1 です。デフォルトは shared です。
hw:mem_page_size

このパラメーターの値を、特定の値と標準の単位からなる有効な文字列に設定します (例: 4KB8MB、または 1GB)。ヒュージページのブートパラメーターに一致させるには、1GB を使用します。仮想マシンで使用可能なヒュージページの数は、ブートパラメーターから OvsDpdkSocketMemory を引いた値です。これ以外の有効なパラメーター値を以下に示します。

  • small (デフォルト): 最少のページサイズが使用されます。
  • large: 大型のページサイズだけを使用します。x86 アーキテクチャーでは、ページサイズは 2 MB または 1 GB です。
  • any: コンピュートドライバーは大型ページの使用を試みますが、利用できるページがない場合にはデフォルトの小型ページが使用されます。
hw:emulator_threads_policy
heat パラメーター NovaComputeCpuSharedSet で識別した CPU にエミュレータースレッドが固定されるように、このパラメーターの値を share に設定します。エミュレータースレッドが Poll Mode Driver (PMD) またはリアルタイム処理に使用されている vCPU 上で実行されている場合には、パケットロスまたはデッドラインの超過が生じる場合があります。