Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第5章 SR-IOV デプロイメントのプランニング

コンピュートノードのハードウェアに応じて個別のパラメーターを設定し、NFV 向けの Single Root I/O Virtualization (SR-IOV) デプロイメントを最適化します。

SR-IOV パラメーターに対するハードウェアの影響を評価するには、「NUMA ノードのトポロジーについての理解」を参照してください。

5.1. SR-IOV デプロイメント向けのハードウェアの分割

SR-IOV で高パフォーマンスを実現するには、ホストとゲストの間でリソースを分割する必要があります。

OpenStack NFV Hardware Capacities 464931 0118 SR IOV

標準的なトポロジーでは、デュアルコアソケットのコンピュートノード上の NUMA ノードにはそれぞれ 14 のコアが実装されます。HT (ハイパースレッド) および非 HT のコアがサポートされています。各コアには 2 つのシブリングスレッドがあります。1 つのコアは、各 NUMA ノード上のホスト専用です。VNF は SR-IOV インターフェースのボンディングを処理します。すべての割り込み要求 (IRQ) はホストのコア上でルーティングされます。VNF コアは VNF 専用です。これらのコアは、他の VNF からの分離と、ホストからの分離を提供します。各 VNF は単一の NUMA ノード上のリソースを使用する必要があります。VNF によって使用される SR-IOV NIC はその同じ NUMA ノードに関連付ける必要もあります。このトポロジーでは、仮想化のオーバーヘッドはありません。ホスト、OpenStack Networking (neutron)、および Compute (nova) の設定パラメーターは単一のファイルで公開されるので、管理が簡単で、整合性を保つことができます。ホストと仮想マシンの分離は、tuned プロファイルに依存します。このプロファイルは、分離する CPU の一覧に基づいて、ブートパラメーターや OpenStack の変更を管理します。