Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

5.2. NFV SR-IOV デプロイメントのトポロジー

以下の図には、2 つの仮想ネットワーク機能 (VNF) が示されています。各 VNF には、mgt で示された管理インターフェースおよびデータプレーンインターフェースがあります。管理インターフェースは ssh アクセスなどを管理します。データプレーンインターフェースは VNF を Data Plane Development Kit (DPDK) にボンディングして、高可用性を確保します (VNF は DPDK ライブラリーを使用してデータプレーンインターフェースをボンディングします)。この図には、2 つの冗長プロバイダーネットワークも示されています。コンピュートノードには 2 つの標準 NIC がボンディングされ、VNF 管理と Red Hat OpenStack Platform API 管理の間で共有されています。

NFV SR-IOV deployment

この図は、アプリケーションレベルで DPDK を活用し、Single Root I/O Virtualization (SR-IOV) Virtual Function (VF) および Physical Function (PF) へのアクセスが可能な VNF を示しています。これらの両方を実装することにより、可用性またはパフォーマンスが向上します (ファブリックの設定に依存)。DPDK はパフォーマンスを向上させる一方、VF/PF DPDK のボンディングはフェイルオーバーに対応します (可用性)。VNF ベンダーは、DPDK Poll Mode Driver (PMD) が VF/PF として公開される SR-IOV カードを必ずサポートするようにする必要があります。また、管理ネットワークは Open vSwitch (OVS) を使用するので、VNF は標準の VirtIO ドライバーを使用する「mgmt」ネットワークデバイスを認識します。オペレーターは、VNF への初回の接続にそのデバイスを使用して、DPDK アプリケーションに 2 つの VF/PF を適切にボンディングさせることができます。

5.2.1. HCI を使用しない NFV SR-IOV

以下の図には、NFV ユースケース向けのハイパーコンバージドインフラストラクチャー (HCI) を使用しない Single Root I/O Virtualization (SR-IOV) のトポロジーを示しています。この環境は、1 Gbps の NIC を搭載したコンピュートノードおよびコントローラーノードと、director ノードで構成されます。

NFV SR-IOV Topology without HCI