Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

1.2.2. イメージのアップロード

手順

  1. Dashboard で プロジェクト > コンピュート > イメージ を選択します。
  2. イメージの作成 をクリックします。
  3. 各フィールドに値を入力し、完了したら イメージの作成 をクリックします。

表1.1 イメージオプション

フィールド説明

名前

イメージの名前。そのプロジェクト内で一意な名前にする必要があります。

説明

イメージを識別するための簡単な説明

イメージソース

イメージソース: イメージの場所 または イメージファイル。ここで選択したオプションに応じて次のフィールドが表示されます。

イメージの場所またはイメージファイル

  • イメージの場所の URL を指定するには、イメージの場所 オプションを選択します。
  • ローカルディスクからイメージをアップロードするには、イメージファイル オプションを選択します。

形式

イメージの形式 (例: qcow2)

アーキテクチャー

イメージのアーキテクチャー。たとえば 32 ビットのアーキテクチャーには i686、64 ビットのアーキテクチャーには x86_64 を使用します。

最小ディスク (GB)

イメージのブートに必要な最小のディスクサイズ。このフィールドに値が指定されていない場合には、デフォルト値は 0 です (最小値なし)。

最小メモリー (MB)

イメージのブートに必要な最小のメモリーサイズ。このフィールドに値が指定されていない場合には、デフォルト値は 0 です (最小値なし)。

パブリック

このチェックボックスを選択した場合には、プロジェクトにアクセスできる全ユーザーにイメージが公開されます。

保護

このチェックボックスを選択した場合には、特定のパーミッションのあるユーザーのみがこのイメージを削除できるようになります。

イメージが正常にアップロードされたら、イメージのステータスは、イメージが使用可能であることを示す active に変わります。Image サービスは、アップロードの開始時に使用した Identity サービストークンのライフタイムよりもアップロードの所要時間が長くかかる大容量のイメージも処理することができる点に注意してください。これは、アップロードが完了してイメージのステータスが更新される際に、新しいトークンを取得して使用できるように、Identity サービスは最初に Identity サービスとのトラストを作成するためです。

注記

glance image-create コマンドに --property のオプションを指定して実行する方法でイメージをアップロードすることもできます。コマンドラインで操作を行った方が、より多くの値を使用することができます。利用可能なメタデータ属性の完全なリストは、「イメージの設定パラメーター」を参照してください。