Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

4.7. インスタンスのレスキューモードの使用

Compute では、仮想マシンをレスキューモードで再起動する方法があります。レスキューモードは、仮想マシンイメージが原因で、インスタンスがアクセス不可能な状態となっている場合に、そのインスタンスにアクセスするためのメカニズムを提供します。レスキューモードの仮想マシンは、ユーザーが仮想マシンに新規 root パスワードを使用してアクセスし、そのマシンを修復することができます。この機能は、インスタンスのファイルシステムが破損した場合に役立ちます。デフォルトでは、レスキューモードのインスタンスは初期イメージから起動して、第 2 のイメージとして現在のブートディスクをアタッチします。

4.7.1. レスキューモードのインスタンス用のイメージの準備

ブートディスクとレスキューモード用のディスクには同じ UUID が使用されているため、仮想マシンがレスキューモード用のディスクの代わりにブートディスクから起動されてしまう可能性があります。

この問題を回避するには、「イメージの作成」の手順に従い、レスキューイメージとして新しいイメージを作成してください。

注記

rescue イメージは、デフォルトでは glance に保管され、nova.conf で設定されていますが、レスキューを実行する際に選択することもできます。

4.7.1.1. ext4 ファイルシステムを使用するイメージのレスキュー

ベースイメージが ext4 ファイルシステムを使用する場合は、以下の手順を使用してそれをベースにレスキューイメージを作成できます。

  1. tune2fs コマンドを使用して、UUID を無作為な値に変更します。

    # tune2fs -U random /dev/<device_node>

    <device_node> を、sdavda などのルートデバイスノードに置き換えます。

  2. 新しい UUID を含む、ファイルシステムの詳細を確認します。

    # tune2fs -l
  3. /etc/fstab ファイルで UUID を新しい値に置き換えます。fstab にマウントされている追加のパーティションがある場合には、UUID を新しい値に置き換える必要がある場合があります。
  4. /boot/grub2/grub.conf ファイルを更新し、ルートディスクの UUID パラメーターを新しい UUID に置き換えます。
  5. シャットダウンして、このイメージをレスキューイメージに使用します。これにより、レスキューイメージには新たに無作為な UUID が割り当てられ、レスキューするインスタンスとの競合が発生しなくなります。
注記

XFS ファイルシステムでは、実行中の仮想マシン上のルートデバイスの UUID は変更できません。仮想マシンがレスキューモード用のディスクから起動するまで再起動を続けます。