Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

4.2.5. インスタンスへの admin パスワード挿入

以下の手順に従って、admin (root) パスワードを挿入することができます。

  1. /etc/openstack-dashboard/local_settings ファイルで、change_set_password パラメーターの値を True に設定します。

    can_set_password: True
  2. Compute 環境ファイルの inject_password パラメーターを「True」に設定します。

    inject_password=true
  3. Compute サービスを再起動します。

    # service nova-compute restart

nova boot コマンドを使用して、新規インスタンスを起動する際には、コマンドの出力に adminPass パラメーターが表示されます。このパスワードを使用して、インスタンスに root ユーザーとしてログインすることができます。

Compute サービスは、/etc/shadow ファイル内のパスワード値を root ユーザー用に上書きします。以下の手順は、KVM ゲストイメージの root アカウントをアクティブ化するのにも使用することが可能です。KVM ゲストイメージの使用方法についての詳しい情報は、「Red Hat OpenStack Platform における KVM ゲストイメージの使用」を参照してください。

Dashboard からカスタムパスワードを設定することも可能です。これを有効にするには、can_set_password パラメーターを true に設定した後に、以下のコマンドを実行します。

# systemctl restart httpd.service

新規追加された admin パスワードフィールドは以下のように表示されます。

dashboard

上記のフィールドは、インスタンスの起動/再ビルド時に使用することができます。