Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

4.3. フレーバーの管理

作成する各インスタンスには、インスタンスのサイズや容量を決定するためのフレーバー (リソースのテンプレート) を指定します。また、フレーバーを使用して、セカンダリー一時ストレージやスワップディスク、使用率を制限するためのメタデータ、特別なプロジェクトへのアクセスを指定することも可能です (デフォルトのフレーバーにはこのような追加の属性は一切定義されていません)。

表4.3 デフォルトのフレーバー

名前仮想 CPU の数メモリールートディスクのサイズ

m1.tiny

1

512 MB

1 GB

m1.small

1

2048 MB

20 GB

m1.medium

2

4096 MB

40 GB

m1.large

4

8192 MB

80 GB

m1.xlarge

8

16384 MB

160 GB

エンドユーザーの大半は、デフォルトのフレーバーを使用できます。ただし、特化したフレーバーを作成/管理することができます。たとえば、以下の操作を行うことができます。

  • 基になるハードウェアの要件に応じて、デフォルトのメモリーと容量を変更する
  • インスタンスに特定の I/O レートを強制するためのメタデータ、またはホストアグリゲートと一致させるためのメターデータを追加する
注記

イメージのプロパティーを使用して設定した動作は、フレーバーを使用して設定した動作よりも優先されます。詳しい説明は、「イメージの管理」を参照してください。

4.3.1. 設定パーミッションの更新

デフォルトでは、フレーバーの作成およびフレーバーの完全リストの表示ができるのは管理者のみです (「管理 > システム > フレーバー」を選択)。全ユーザーがフレーバーを設定できるようにするには、/etc/nova/policy.json ファイル (nova-api サーバー) で以下の値を指定します。

"compute_extension:flavormanage": "",