Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

4.2.3. Floating IP アドレスの作成、割り当て、解放

デフォルトでは、インスタンスを最初に作成する際に、そのインスタンスに内部 IP アドレスが割り当てられます。ただし、Floating IP アドレス (外部アドレス) を作成して割り当てることによりパブリックネットワークを介したアクセスを有効にすることができます。インスタンスに割り当てられている IP アドレスは、インスタンスの状態に関わらず変更することができます。

プロジェクトには、使用できる Floating IP アドレスの範囲が限定されているので (デフォルトの上限は 50)、必要がなくなったアドレスは、再利用できるように解放することを推奨します。Floating IP アドレスは、既存の Floating IP プールからのみ確保することができます。詳細は『ネットワークガイド』「Floating IP アドレスプールの作成」を参照してください。

4.2.3.1. プロジェクトへの Floating IP アドレスの確保

  1. Dashboard で プロジェクト > コンピュート > アクセスとセキュリティー を選択します。
  2. Floating IP タブで Floating IP の確保 をクリックします。
  3. プール のフィールドで、IP アドレスを確保するネットワークを選択します。
  4. IP の確保 をクリックします。