Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

4.2.4. インスタンスへのログイン

前提条件

  • インスタンスのセキュリティーグループには SSH ルールが設定されているようにしてください (『ユーザーおよびアイデンティティー管理ガイド』「プロジェクトのセキュリティー管理」を参照してください)。
  • インスタンスに Floating IP アドレス (外部アドレス) が割り当てられていることを確認します (「Floating IP アドレスの作成、割り当て、解放」を参照)。
  • インスタンスのキーペアの証明書を取得します。証明書は、キーペアの作成時にダウンロードされます。キーペアを自分で作成しなかった場合には、管理者に問い合わせてください (「キーペアの管理」を参照)。

最初に、キーペアのファイルを SSH に読み込み、次に名前を指定せずに ssh を使用します

  1. 生成したキーペアの証明書のアクセス権を変更します。

    $ chmod 600 os-key.pem
  2. ssh-agent がすでに実行されているかどうかを確認します。

    # ps -ef | grep ssh-agent
  3. 実行されていない場合には、次のコマンドで起動します。

    # eval `ssh-agent`
  4. ローカルマシンで、キーペアの証明書を SSH に読み込みます。以下に例を示します。

    $ ssh-add ~/.ssh/os-key.pem
  5. これで、イメージにより提供されるユーザーで、ファイルに SSH アクセスできるようになりました。

以下のコマンドの例は、Red Hat Enterprise Linux のゲストイメージに cloud-user として SSH アクセスする方法を示しています。

$ ssh cloud-user@192.0.2.24
注記

証明書を直接使用することも可能です。以下は例になります。

$ ssh -i /myDir/os-key.pem cloud-user@192.0.2.24