Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

10.2. Real-time Compute ロールのデプロイメント

Red Hat OpenStack Platform director では、ComputeRealTime ロールのテンプレートが利用可能です。これを使用して、Real-time コンピュートノードをデプロイすることができます。ただし、コンピュートノードを real-time 用に指定するためには、追加のステップを実施する必要があります。

  1. /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/compute-real-time-example.yaml ファイルをベースに、ComputeRealTime ロールのパラメーターを設定する compute-real-time.yaml 環境ファイルを作成します。

    cp /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/compute-real-time-example.yaml /home/stack/templates/compute-real-time.yaml

    ファイルには、以下のパラメーター値を含める必要があります。

    • IsolCpusList および NovaVcpuPinSet: リアルタイム負荷のために確保する分離 CPU コアおよび仮想 CPU のピニングの一覧。この値は、Real-time コンピュートノードの CPU ハードウェアにより異なります。
    • KernelArgs: Real-time コンピュートノードのカーネルに渡す引数。たとえば、default_hugepagesz=1G hugepagesz=1G hugepages=<number_of_1G_pages_to_reserve> hugepagesz=2M hugepages=<number_of_2M_pages> を使用して、複数のサイズのヒュージページを持つゲストのメモリー要求を定義することができます。この例では、デフォルトのサイズは 1 GB ですが、2 MB のヒュージページを確保することもできます。
  2. ComputeRealTime ロールをロールデータのファイルに追加し、ファイルを再生成します。以下は例になります。

    $ openstack overcloud roles generate -o /home/stack/templates/rt_roles_data.yaml Controller Compute ComputeRealTime

    このコマンドにより、以下の例のような内容で ComputeRealTime ロールが生成され、ImageDefault オプションに overcloud-realtime-compute が設定されます。

    ###############################################################
    # Role: ComputeRealTime                                                               #
    ###############################################################
    
    - name: ComputeRealTime
      description: |
        Compute role that is optimized for real-time behaviour. When using this role
        it is mandatory that an overcloud-realtime-compute image is available and
        the role specific parameters IsolCpusList and NovaVcpuPinSet are set
        accordingly to the hardware of the real-time compute nodes.
      CountDefault: 1
      networks:
        - InternalApi
        - Tenant
        - Storage
      HostnameFormatDefault: '%stackname%-computerealtime-%index%'
      disable_upgrade_deployment: True
      ImageDefault: overcloud-realtime-compute
      RoleParametersDefault:
        TunedProfileName: "realtime-virtual-host"
        KernelArgs: ""      # these must be set in an environment file or similar
        IsolCpusList: ""    # according to the hardware of real-time nodes
        NovaVcpuPinSet: ""  #
      ServicesDefault:
        - OS::TripleO::Services::Aide
        - OS::TripleO::Services::AuditD
        - OS::TripleO::Services::CACerts
        - OS::TripleO::Services::CephClient
        - OS::TripleO::Services::CephExternal
        - OS::TripleO::Services::CertmongerUser
        - OS::TripleO::Services::Collectd
        - OS::TripleO::Services::ComputeCeilometerAgent
        - OS::TripleO::Services::ComputeNeutronCorePlugin
        - OS::TripleO::Services::ComputeNeutronL3Agent
        - OS::TripleO::Services::ComputeNeutronMetadataAgent
        - OS::TripleO::Services::ComputeNeutronOvsAgent
        - OS::TripleO::Services::Docker
        - OS::TripleO::Services::Fluentd
        - OS::TripleO::Services::Ipsec
        - OS::TripleO::Services::Iscsid
        - OS::TripleO::Services::Kernel
        - OS::TripleO::Services::LoginDefs
        - OS::TripleO::Services::MySQLClient
        - OS::TripleO::Services::NeutronBgpVpnBagpipe
        - OS::TripleO::Services::NeutronLinuxbridgeAgent
        - OS::TripleO::Services::NeutronVppAgent
        - OS::TripleO::Services::NovaCompute
        - OS::TripleO::Services::NovaLibvirt
        - OS::TripleO::Services::NovaMigrationTarget
        - OS::TripleO::Services::Ntp
        - OS::TripleO::Services::ContainersLogrotateCrond
        - OS::TripleO::Services::OpenDaylightOvs
        - OS::TripleO::Services::Rhsm
        - OS::TripleO::Services::RsyslogSidecar
        - OS::TripleO::Services::Securetty
        - OS::TripleO::Services::SensuClient
        - OS::TripleO::Services::SkydiveAgent
        - OS::TripleO::Services::Snmp
        - OS::TripleO::Services::Sshd
        - OS::TripleO::Services::Timezone
        - OS::TripleO::Services::TripleoFirewall
        - OS::TripleO::Services::TripleoPackages
        - OS::TripleO::Services::Vpp
        - OS::TripleO::Services::OVNController
        - OS::TripleO::Services::OVNMetadataAgent
        - OS::TripleO::Services::Ptp

    カスタムロールおよび roles-data.yaml に関する一般的な情報は、「ロール」セクションを参照してください。

  3. リアルタイム負荷用に指定するノードをタグ付けするために、compute-realtime フレーバーを作成します。以下は例になります。

    $ source ~/stackrc
    $ openstack flavor create --id auto --ram 6144 --disk 40 --vcpus 4 compute-realtime
    $ openstack flavor set --property "cpu_arch"="x86_64" --property "capabilities:boot_option"="local" --property "capabilities:profile"="compute-realtime" compute-realtime
  4. リアルタイム負荷用に指定するそれぞれのノードを、compute-realtime プロファイルでタグ付けします。

    $ openstack baremetal node set --property capabilities='profile:compute-realtime,boot_option:local' <NODE UUID>
  5. 以下の内容の環境ファイルを作成して、ComputeRealTime ロールを compute-realtime フレーバーにマッピングします。

    parameter_defaults:
      OvercloudComputeRealTimeFlavor: compute-realtime
  6. -e オプションを使用して openstack overcloud deploy コマンドを実行し、新しいロールファイルと共に作成したすべての環境ファイルを指定します。以下は例になります。

    $ openstack overcloud deploy -r /home/stack/templates/rt~/my_roles_data.yaml  -e /home/stack/templates/compute-real-time.yaml <FLAVOR_ENV_FILE>
    注記

    同じコンピュートノードで追加の real-time インスタンスを実行する場合は、nova.conf ファイルの realtime_schedule_priority パラメーターでインスタンスの優先度を変更することができます。