Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

11.2.3. 仮想 GPU 向けコンピュートノードの設定およびオーバークラウドのデプロイ

環境内の物理 GPU デバイスに対応する仮想 GPU の種別を取得して割り当て、仮想 GPU 用コンピュートノードを設定するための環境ファイルを準備する必要があります。

手順

  1. Red Hat Enterprise Linux と NVIDIA GRID ドライバーを一時コンピュートノードにインストールし、そのノードを起動します。NVIDIA GRID ドライバーのインストールについての詳細は、「GPU 対応カスタムオーバークラウドイメージのビルド」を参照してください。
  2. コンピュートノードで、有効にする物理 GPU デバイスに対応する仮想 GPU の種別を確認します。libvirt の場合、仮想 GPU は仲介デバイスまたは mdev 種別のデバイスです。サポートされている mdev デバイスを検出するには、以下のコマンドを入力します。

    [root@overcloud-computegpu-0 ~]# ls /sys/class/mdev_bus/0000\:06\:00.0/mdev_supported_types/
    nvidia-11  nvidia-12  nvidia-13  nvidia-14  nvidia-15  nvidia-16  nvidia-17  nvidia-18  nvidia-19  nvidia-20  nvidia-21  nvidia-210  nvidia-22
    
    [root@overcloud-computegpu-0 ~]# cat /sys/class/mdev_bus/0000\:06\:00.0/mdev_supported_types/nvidia-18/description
    num_heads=4, frl_config=60, framebuffer=2048M, max_resolution=4096x2160, max_instance=4
  3. compute-gpu.yaml ファイルを network-environment.yaml ファイルに追加します。

    resource_registry:
      OS::TripleO::Compute::Net::SoftwareConfig: /home/stack/templates/nic-configs/compute.yaml
      OS::TripleO::ComputeGpu::Net::SoftwareConfig: /home/stack/templates/nic-configs/compute-gpu.yaml
      OS::TripleO::Controller::Net::SoftwareConfig: /home/stack/templates/nic-configs/controller.yaml
      #OS::TripleO::AllNodes::Validation: OS::Heat::None
  4. 以下のパラメーターを node-info.yaml ファイルに追加して、GPU コンピュートノードの数および vGPU が指定されたコンピュートノード用に使用するフレーバーを指定します。

    parameter_defaults:
      OvercloudControllerFlavor: control
      OvercloudComputeFlavor: compute
      OvercloudComputeGpuFlavor: compute-vgpu-nvidia
      ControllerCount: 1
      ComputeCount: 0
      ComputeGpuCount: 3 #set to the no of GPU nodes you have
  5. gpu.yaml ファイルを作成し、GPU デバイスの仮想 GPU 種別を指定します。

    parameter_defaults:
      ComputeGpuExtraConfig:
        nova::compute::vgpu::enabled_vgpu_types:
          - nvidia-18
    注記

    各物理 GPU がサポートするのは 1 つの仮想 GPU 種別だけです。このプロパティーで複数の仮想 GPU 種別を指定した場合は、最初の種別だけが使用されます。

  6. その他の環境ファイルと共に新たなロールファイルおよび環境ファイルをスタックに追加して、オーバークラウドをデプロイします。

    (undercloud) $ openstack overcloud deploy --templates \
      -r /home/stack/templates/roles_data_gpu.yaml
      -e /home/stack/templates/node-info.yaml
      -e /home/stack/templates/network-environment.yaml
      -e [your environment files]
      -e /home/stack/templates/gpu.yaml