Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

5.6. インスタンスのライブマイグレーション

ライブマイグレーションでは、ダウンタイムを最小限に抑えて、インスタンスを移行元コンピュートノードから移行先コンピュートノードに移動します。ライブマイグレーションがすべてのインスタンスに適しているとは限りません。詳細は、「移行の制約」を参照してください。

注記

ライブマイグレーションでは、移行先コンピュートノードでインスタンスのマシン種別が保持されます。したがって、RHEL 7.5 コンピュートノード上で実行中の RHEL 7.5 マシン種別のインスタンスを RHEL 7.6 コンピュートノードにライブマイグレーションする場合、移行先コンピュートノードに移行したインスタンスは RHEL 7.5 のマシン種別を維持します。マシンの種別を変更するには、イメージのメタデータ属性 hw_machine_type を設定するか、各コンピュートノードで NovaHWMachineType パラメーターを設定する必要があります。

手順

  1. インスタンスのライブマイグレーションを行うには、インスタンスおよび移行先コンピュートノードを指定します。

    (overcloud)$ openstack server migrate <vm> --live <dest> --wait
    • <vm> をインスタンスの名前または ID に置き換えてください。
    • <dest> を移行先コンピュートノードの名前または ID に置き換えてください。

      注記

      openstack server migrate コマンドは、共有ストレージを持つインスタンスの移行が対象です。これがデフォルトの設定です。ローカルに確保されたボリュームを移行するには、--block-migration フラグを指定します。

      (overcloud)$ openstack server migrate <vm> --live <dest> --wait --block-migration
  2. インスタンスが移行されていることを確認します。

    $ openstack server show <vm>
    
    +----------------------+--------------------------------------+
    | Field                | Value                                |
    +----------------------+--------------------------------------+
    | ...                  | ...                                  |
    | status               | MIGRATING                            |
    | ...                  | ...                                  |
    +----------------------+--------------------------------------+
  3. 移行が完了するまで待ちます。移行のステータスを確認するには、「移行ステータスの確認」を参照してください。
  4. インスタンスのステータスをチェックして、移行が成功したかどうかを確認します。

    (overcloud)$ openstack server list --host <dest> --all-projects

    <dest> を移行先コンピュートノードの名前または ID に置き換えてください。

  5. (オプション) NUMA、CPU ピニング、または DPDK を使用するインスタンスについて、コンピュートノードから NUMA トポロジーに関する情報を取得して、移行の準備手順の実施中に取得した NUMA トポロジーと比較します。移行元と移行先コンピュートノードの NUMA トポロジーを比較して、移行元と移行先コンピュートノードが同じ NUMA トポロジーを使用するようにします。

    • NUMA および CPU ピニングに関する詳細を確認するには、以下のコマンドを実行します。

      $ ssh root@overcloud-compute-n
      # virsh vcpuinfo <vm>
      • overcloud-compute- をコンピュートノードのホスト名に置き換えてください。
      • <vm> をインスタンスの名前に置き換えてください。
    • インスタンスがどの NUMA ノードを使用しているかの詳細を確認するには、以下のコマンドを実行します。

      $ ssh root@overcloud-compute-n
      # virsh numatune <vm>
      • overcloud-compute- をコンピュートノードのホスト名に置き換えてください。
      • <vm> をインスタンスの名前または ID に置き換えてください。

インスタンスの移行が終了したら、「移行の完了」に進みます。