Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

4.8.3. コンフィグドライブを使用したインスタンスのカスタマイズ

インスタンスのブートプロセス中にアタッチされる、インスタンス用のコンフィグドライブを作成することができます。コンフィグドライブに渡したコンテンツは、コンフィグドライブによりインスタンスに提供されます。

手順

  1. コンフィグドライブを有効にし、コンフィグドライブで利用可能にするコンテンツが含まれるファイルを指定します。たとえば、以下のコマンドは config-drive-instance という名前の新規インスタンスを作成し、ファイル my-user-data.txt のコンテンツが含まれるコンフィグドライブをアタッチします。

    (overcloud)$ openstack server create --flavor m1.tiny \
      --config-drive true \
      --user-data ./my-user-data.txt \
      --image cirros config-drive-instance

    このコマンドにより、ボリュームラベルが config-2 のコンフィグドライブが作成され、インスタンスのブート時にアタッチされます。また、my-user-data.txt のコンテンツが、コンフィグドライブの openstack/{version}/ ディレクトリーにある user_data ファイルに追加されます。

  2. インスタンスにログインします。
  3. コンフィグドライブをマウントします。

    • インスタンスの OS が udev を使用する場合:

      # mkdir -p /mnt/config
      # mount /dev/disk/by-label/config-2 /mnt/config
    • インスタンスの OS が udev を使用しない場合は、まずコンフィグドライブに対応するブロックデバイスを特定する必要があります。

      # blkid -t LABEL="config-2" -odevice
      /dev/vdb
      # mkdir -p /mnt/config
      # mount /dev/vdb /mnt/config